小屋に泊まって早朝の小鳥の声を聞く  土地の魂

4連休初日は午後から山仕事で汗だくになり、小屋泊まり。
乾燥注意報が出ているだろうから焚き火はちょっとひやひや。
煙を上げたとたんにサイレンの音がしたのは驚きましたが、セーフ。

久々の焚き火です。一人の夜はただボーッと見てるだけ。ビールも
ワインもさほど進まずにろうそくの明かりで眠りました。

そして朝、4時。

アオジ、センダイムシクイ、ウグイス、シジュウウカラ、ゴジュウカラ、アカゲラ、
キジバト、オオルリ、などのさえずりやドラミング。まさにシャワーです。マガン・ヒシクイの編隊とはまた別なシェア感覚。

気温9度の肌寒い冥想テラスで、ゆっくり、そのシャワーでシェアしました。

この幸福感は格別です。

(白樺がようやく開葉し始めた段階で、新緑まであと数日か。それでも
2週間早い感じです。)
クリックすると元のサイズで表示します
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ