雨のサロベツ  土地の魂

19日の休みの日、女性だけの座談会を開くために、家を6時に出て幌延へ
参りました。名寄からのレンタカーでは折りしも、洪水雷注意報で
天塩川は満水の濁流。牧場の一部はすでに冠水状態も見えました。

このごろ、イベントでは雨はほど良く降ってくれます。意味をもって霧になって
くれることもあります。精神科医のT先生によると、ハワイ島自体が、
雨を歓迎のしるしと見る、先住民の言い伝えがあるそうですが、まさに、
神の采配のような天候のびっくりがずーっと続いています。不思議です。

今回の座談会は、運営している地域SNSの道北にすむ女性アクティブライター
4人に、人やコミュニティのつながり、そして「女性力」について語ってもらいました。そ、今、地域の根っこを支えているのは女性であり、女性力に焦点を
当てる意味は大きいと考えたのです。

平易な言葉で、昼と夜、タップリなおしゃべりを収録しました。いいセンテンスが
ちりばめられています。


写真は、展望台からサロベツ原野。クリックすると元のサイズで表示します
http://homepage3.nifty.com/hayashi-kokoro/
4



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ