ICTにのる人、のらない人  コミュニティ

先日、フェースブックに登録してみました。勝手がわからないうちに
まずは動かしてみること、と割り切ってオフの時間に少しずつプロフィールを
拡大してみました。

そうすると、こちらが属性を明らかにする都度、ネットワークの関係者の
枠が広がり、わたしが関係するメールの関係者で登録している人たちが
自動的にどんどん現れ、友達の友達つながりで輪が拡大する。基本はそこに
あるだろうと思います。で、今、スポーツやアクティビティを加え、先ほどは
勤務先や出身高校まで入れてみました。

基本的に実名で開示するわけですから、その覚悟が入ります。


で、地域SNSもこれも基本的に、この壁(知らない人とコミュニケーションを
すること)が自分に向いていない、と判断する人は、足を踏み入れない世界かと
思います。わたしの周りでもたくさんおいでです。

おもえば、この壁は、低くないかもしれません。人は善意であるというつもりで、
挨拶を交わし答えてもいくのは、10年以上前にはあまり考えにくいことだった
と思います。きっとごく一部の限られた積極的な、社交を厭わない方々の
独壇場だった。

引っ込み思案なわたしが、今は地域SNSに本腰を入れて裏方として5年目の運営
に入り、そのほか、複数のホームページを管理しているのですが、個人的感想を
述べれば、あるマナーを守り、マナーにのっとったメッセージを発信している分には、
ICTはとても便利で快適、ためになる、と結論できます。

でも、やるやらないの分かれ目は解消できないと思います。ですから、いずれ、
フェースブックに交流のツールは奪われる、などという感じもわたしはしません。
わたしが交信している多くの人は、E-MAILで足りているひとであり、あるいは
地域SNSが好きな人、MLで十分という人など多様で、結局、一つのツールに
絞り込むことができない。

これって、最大公約数的なもの=e-mailあるいは携帯などが滅びないということ
ではないか。30年もしたらどうなるかは予想できませんが、すくなくとも、
コミュニカティブなこれらのツールに背を向けた日常も厳然としてある、というのは
重要だと思います。
雑木林&庭づくり研究室
http://homepage3.nifty.com/hayashi-kokoro/index.htm
NPO法人苫東環境コモンズ
http://homepage3.nifty.com/hayashi-kokoro/commons00.html
3



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ