アジールのような没我空間  林とこころ

下のような文を書いているうちに、そんな没我、いや没社会の状況
を創るのはまさにアジールではないか、などと妄想が湧いてきました。いや、
逃げではないのです。むしろ一般の方が気にならない「醜」の世界のケアなんですが、
その改変の現実が我と社会を忘れさせる…。

===========================

■ホームページのトップで

「(12/24は)山仕事で一日を終えましたが、山仕事というのはそれだけでも満足する不思議な作業で、言ってみれば、ドツボにはまるようなもの、と思う。他の事が見えない洞穴、軽い浦島太郎状態。今年は311の大震災があり、放射能汚染がひろがり、政治も迷走、世界も事件、異変がタップリ、経済グラグラという年でしたが、そんなことをカラッと忘れさせてしまう。チェンソーを置いたこれから数日、世界と友人と地域と親戚のことなども、ゆっくり捉まえなおそう。」

■雑木林だより70で

「ずっと独りで山仕事をしてきたから、安全にはいつも細心の注意を払っていたがそれだけでは臆病にもなりかねない。お祈りのひとつもしてエイヤッと奮い立つことも少なくないが、実はそこで必要なのは祈りではなく、経験と知識に裏打ちされた技術だとは知りつつ、。それがなかなかで、進歩がとまったままだ。」

「独りの山仕事を思い出すと、その時、人は詩人になるのではないかと思う。五感がフル回転する。二人以上はそこにタレント風味が混じってくる。そうして大勢の時は詩人は消えてタレント性だけが残るか、あるいは「ひきこもり」になる。

============================

没我や没社会の気分になるのは、何かに打ち込んでいるとき、大方の人が程度の差こそあれ
経験するものです。それをあえて林のアジールとして再認識したいのか、自分でもよくは
わからないのですが、少なくとも、時間だけでなく、それは広い空間である、ということしか今はいえません。そしてその空間は誰でも受け入れ、やりようによっては我を忘れる、ではなく「我と出会う」、そういう空間だと言うことのようです。

クリックすると元のサイズで表示します
雑木林&庭づくり研究室
http://homepage3.nifty.com/hayashi-kokoro/index.htm
NPO法人苫東環境コモンズ
http://homepage3.nifty.com/hayashi-kokoro/commons00.html
3



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ