フィンランドの万人権  社会

19日からヘルシンキに来ています。今日はもう5日目で、夕方の飛行機で日本へ戻ります。
13日の深夜英国ブリストルについてからあっという間でした。

英国ではコモンズという土地と権利について、フットパスの協会やコモンズの権利運動の
民間の地域リーダーにお話を伺いましたが、ヘルシンキでは、フィンランド特有の
万人権、英語でeveryman's rightという不思議な権利について、今度はどちらかというと
官側、研究者の方々にヒアリングしました。

なぜフィンランドの万人権に関心を持ったかといえば、北海道や苫東コモンズに象徴的な
誰かの土地に勝手に入ってハスカップやきのこをつむ暗黙の権利、あるいは慣習というものが
ほかの北欧4カ国と違って法律で保障されてはいないのがフィンランドだからでした。

で、特に問題らしいものはないのが面白いのですが、近年毎年のようにメディアの話題になるのは、
ある会社がタイ人をやとって大量にベリーを摘んでビジネスにしていることです。しかしそれでも
禁止したりするところにはいたっていない。

私たち3人が日本から万人権のヒアリングに来るといういうことでヘルシンキ大学の問い合わせたところ、ヘルシンキ大学では法学部系の学部長が関心を持って、それではということで万人権に
関心のある先生に声をかけ、ヘルシンキ大学だけでなく各地から10人近い先生方が集まった
というわけです。

日本からわざわざ聞きに来る万人権とはもそもなんぞや、ということが話題になったのです。
こういうヒアリングと同時に、オウルのそばに住んでいるご夫婦(通訳してくれた方のご両親)に
実際にヌークシオ国立公園に同行してもらい、いろいろ日常の話を聞きました。

ピッコラさんは63歳で、現在70ヘクタールの森作りをしているというから好都合でした。
そのピッコラさん、自分も他人の土地に出かけ他人もやってくるけれど、万人権なんてきにした
ことがないといいます。

つまるところ、わたしはフィンランドの万人権は、「寛容なソーシャル・キャピタルである」という
結論に達しました。これはまさに北海道につながる概念ということができます。

雑木林&庭づくり研究室
http://homepage3.nifty.com/hayashi-kokoro/index.htm
NPO法人苫東環境コモンズ
http://homepage3.nifty.com/hayashi-kokoro/commons00.html
5



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ