生き物多様社会と日常  北海道と自然

ネーチャーを決して厭うことはないと自負する自分でも、林の中に住もうと言う気持ちにはなれない。はっきりそう意識するようになってみると、生き物多様社会というのはただの理念であって、自分はどうするかという覚悟は含まれて居ない。

だれもはっきりとは言っていないが、恐らく、その間に文明が入り込み、住居とネーチャーは分離するというのが大前提と言うことになる。極論すれば、無菌願望で効率指向のマチと、田園・里地・里山、奥山は一線を画す、というイメージではないか。

東北の田舎の住居は子供時代の母屋も小屋もわら葺だった。家の前は広い屋敷畑、裏は果樹園だった。隣接する分家との間には薬師地蔵と一本のクスノキと柿の木、それと柏餅の材料にした柏があって、日陰を作っていた。わたしは地蔵の台座のコンクリートから登れるクスノキのふた股で、少年期の人に言えない憂鬱とつきあった。

すき間だらけの建物はヘビや昆虫たち、鳥たちと巣、鶏やヤギ、羊なんでもいて、ハエやダニ、カとも一緒だった。田園地帯のまとまった集落ですらそうだったから山沿いの里山はさぞや、と想像するのだ。

多様な生き物と一緒に住むのは避けたいから、人々は密閉した家屋に住む。これはいまのところ戻れないように見える。ネーチャーはその対極にあることを、知れば知るほど痛感するようになる。

しかし、わたしたちは、家を離れたネーチャーのなかで「快」を感じることも少なくない。この世の天国と思うことも実はしばしばある。出会えて幸運だと心から思う体験も多い。

となると、あるべき姿は都市とネーチャーの往来。場所と機会か。

推論のメモ書きはこれでやめよう。ただ自覚的でありたい。虫も痒いしなにかと手間がかかるけど、プラスマイナス、やっぱり林と一緒に居られるのは幸せだ、その感覚。

若い人は、その感覚のはるか前で立ち止まり引き帰し、ネーチャーの中の「快」と内省時間(こころのドクター)との出会いをも捨ててしまっているようだ。それは実にもったいない。

では、誰が、いつやるのか。

クリックすると元のサイズで表示します


雑木林&庭づくり研究室
http://homepage3.nifty.com/hayashi-kokoro/index.htm
NPO法人苫東環境コモンズ
http://homepage3.nifty.com/hayashi-kokoro/commons00.html
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ