ボストンの緑と日本の緑  林とこころ

BSの世界街歩きの番組でボストンが映し出されていました。

欧州から新大陸が移民して、その一部はアパラチア山脈の東側に吹き溜まり

それがボストンだと聞いたことがあります。ソローの森の生活もボストンの郊外でした。

わたしがある時、期特に関心を寄せたのはボストンの緑地率でした。

1970年代の統計でボストン市民一人当たり45uとトップクラスで、

当時東京や札幌は10u前後でしたので、あのころ世界の都市と伍するために

公園緑地を増やそうという国の施策がとられたのでした。いわば公園緑地バブルで、

人々の欲する緑の質をさほど議論し成熟することはなく、もちろん緑の哲学に

達することもなく、量的には増えました。「ボストンの緑」と検索するとこんな

画像が出てきます。

一方、「緑豊かな町」とすると、こんな日本のマチが出てきます。

ボストンと日本のそれは、都市緑地と田園・里山のようなニュアンスの開きを

わたしは感じますが、当方は人工的に美しく仕上がった都市公園よりも、

ゆるい緑に惹かれます。ニュージーランドでとてつもなく緑地率の高い住宅地に

行ってみましたが、わたしにはなんだか暗すぎました。

近くでは白老の温泉分譲地に緑の多い町内がありますが、

夏緑期は鬱陶しさを感じる人もいるはず。緑の快適さは理屈や数字ではなく

まさに感性と習慣によっていると言えます。クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
雑木林&庭づくり研究室
http://hayashi-kokoro.com
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ