・イチオシゲーム 【ルートダブル -Before Crime * After Days-】

2014/2/21

ラストスベリオンとは  ゲーム(市販)

クリックすると元のサイズで表示します
ついに夕立ちゃんが改二になりました!
これでようやくサブ島に行ける…と思いきや、駆逐はぜかましと夕立ちゃんでいいとして、残り4人をどうするかで悩んでまして…
初めは戦艦/戦艦/重巡/重巡で決めようと思ってましたが、夜戦は途中大破率が高く、戦艦運用すると途中で資源が終わるんじゃないかなーと、更に夜戦だと戦艦はやられやすいので更に撤退率が高まるという…
だから雷巡を入れようと思いきや…ボスに潜水艦がついてくるんですよね〜しかもFlagShipの強烈なのが、だから駆逐/軽巡/雷巡だとダイソンの如く吸い寄せられてしまうという…とは言え、ぶっちゃけ雷巡は初撃雷撃以外は存在価値ほぼ無いですから割り切って使うというのも手です。
重巡3隻というのも考えたんですけど、それだと衣笠さんをまた育てないといけないという(Lv41→Lv55)
・・・さて、まえがきはこの辺で、今回はラストスベリオンのレビューをしたいと思います。


別にこれはクソゲーなんで、ルートダブルの時のように伏せ字とかはしません。
ラストリベリオンの主なストーリーは、父親を殺した弟を追ってご近所を探しまわるという単純明快なもの
とは言え、ストーリーはそれほど悪くありません。少なくとも時と永遠よりは
まあ、比較対象がおかしいだけかもしれませんが…
ボイスが英語だったり、立ち絵がめっちゃ紙芝居なせいで大分感動は薄れますが、よくよく見てみると最後の方は割りといい話になったりしてます。

物語の世界観は割りとグッチャグチャ、神が暴走したせいで人が死んでもゾンビ化するようになって、そのゾンビを倒すための力を持つのが”ブレイド”、倒したゾンビを封じる力を持つのが”シール”と呼ばれてます。
主人公のナインは開始早々弟に殺されちゃうんですけど、相方のアイシャが最強の力を持つシールで、禁術を使ってナインを蘇生させるものの、命が共有されてしまい、同時に一人しか存在できなくなってしまいました。
ちなみに入れ替えるのは□ボタンを使う。

そこで問題なのが、ブレイドの存在価値がぶっちゃけ無いということ。
一応ナインは最強のブレイドみたいに言われてるんですけど、アイシャの多く見積もっても1.5倍くらいの攻撃力しか無いという…

バトルシステムが1番クソみたいな部分で、恐らくクソゲー呼ばわりされているのはこのバトルシステムのせいだと言っても過言ではないです。
よくレベルを上げて物理で殴ればいいって言われてますけど、正にその通りです。
序盤の頃は色々なシステムや魔法が使えて新鮮味があるのですが、このゲームレベルを上げた時の能力のインフレ率が激しく、HP一つにしてもLvが1上がる事にHPが1割増えるくらいの勢い、このように攻撃力もインフレしていくので初めの方は整っていたゲームバランスもすぐに物理でボコればいいだけのゲームと化してしまいます。
とは言っても、時と永遠のように序盤の敵と終盤の敵が落とす経験値が同じとか言うわけではなく、むしろその逆を行く。

適正レベルの敵を倒す経験値が10000とか貰えて、レベルが一気に4とか5とか上がることもザラなんですけど、少しでも格下の敵を相手にすると手に入れられる経験値が4とか5とか微々たるものになってしまいます。

後、ボリュームがやたら少ない、開始してから3日間は殆どやらなかったのですが、その後2章から最後までを僅か2日でクリア出来ました。プレイ時間は大体12時間くらい、それでプラチナ取れました。
大体プラチナ獲得のためには宝箱回収率100%とか、マップ全回収とかモンスター全回収とかありそうですが、このゲームでは単に道中のボスキャラ+隠しボス2匹*形態4つを倒せばプラチナ取れます。

隠しボスにしても凄く強いわけでもなく、隠し面に入れる段階にあればやや苦労しますが倒せるレベルです。

他に特徴的な所としては、普通宝箱って一度取るとなくなりますよね?
ですがこのゲームでは何度もアイテムを取ることが出来ます。ただ、宝箱を開けるたびに鍵が必要になるので宝箱というより鍵を通貨にした売ってるもののわからないアイテムショップみたいなものに成り下がってます。
あと、手に入れられるアイテムにしても持てる上限が極端に少なく、どうやら1アイテム99個までじゃなくて合計で持てる総量が決まっているようです。
例えるならば、プレイヤーが一人でふくろが無いドラクエのような感じですかねぇ…
だから、アイテムは持てる量が殆ど無く、役に立ちません。
というかアイテムに頼るくらいならレベルを上げて物理で殴ればいい

他にはウル街という唯一の街があるんですが、街なのに幽霊が2,3人しかいない上大半が荒野で魔物がウヨウヨいたり、BGMが環境音並にうっすい物ばっかでデフォルトの音量がMAX256の内30しかなかったりと言いたいことはまだあるんですが、キリがないのでやめておきます。

このゲームの良い所を上げるとすると
@プラチナが簡単に取れる
A英会話みたいに聞き取りやすい英語を喋るので英語の勉強になる(?)
Bカメラ操作が割と自由で、アイシャのパンツが見放題!
Cセフィーがかわいい。クズだけど
Dすぐ終わるので時間の浪費にならない

と、そんなところですね…
ちなみに、このゲームやってて1番名曲だったのはこの曲

ねこと!みかん!ねこみかん!



To Be Continued=>




ヌギャー


アイディアファクトリー


4



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ