2009/9/14

第9回スピニングパーティーに行ってきました。  イベント

ブログを立ち上げたものの、、、
掲示板化して数か月。。。
すみませんでした〜(>_<)
久々の更新です。

でも、さわやかな秋風とともに創作意欲もふつふつと復活してきました。
ということで、ブログも復活です!!
蒸し暑い季節はやはりひつじさんを扱うのもいまいち気がのらないもので・・・^_^;。

そんな中、
今日は楽しみにしていた東京スピニングパーティーへと行ってきました。
クリックすると元のサイズで表示します
今回も会場は晴美埠頭の客船ターミナル。
水上バス乗り場で偶然にも牧場の泥んこ羊の仲間のKさんとばったりお会いしました。
会場まで楽しくお話をしながら向かいました。

去年は子どもと一緒にいったばっかりに、
見たいものも見れず、聞きたい物も聞けない状態だったのですが、
今年は一人
思う存分レクチャーに参加したり、ゆっくり見て歩くことができました(*^_^*)

今年は牧場のお仲間のY,s Farmのゆみこさん、YOさん。いずみさん。など、いつもお世話になってる方々が出店していました。
お疲れ様です。

14日のメインレクチャーの
・イエルカ・ワインさんの”自然ともの作り”
・ジョリー・ジョンソンさんのフェルトメイキングのビジョンと可能性
に参加しました。

イエルカさんは奥様の悦子さんと二人で長野県の大鹿村にお住いです。
そこまでたどり着いたのも、自然の流れ・・縁あって、ここに、お家をみつけて。。
そんなお話をスライドを見ながら、
淡々と語ってくれました。
自分たちの生活に必要なものはたいていのものは自分たちで手作りして
”楽しんで”そして”丁寧に暮らす”そんな様子がうかがえました。
ふんふんとそのお話しに引き込まれながら聞いていると、、、
作品の話が全然なくてごめんなさいと・・イエルカさん。
でも、「物作り」のヒントはこうした日々の生活の中から生まれてくるものだから、物づくりと日々の生活は切っても切れないものだということをおっしゃっていました。
なるほど・・
イエルカさんは四季のある日本の風景が好きだそうです。
めぐる季節のなかで畑をやって、物づくりをする生活。
そんな山奥にもかかわらず来客は多いようで、
お二人の人柄がうかがえます。
飾らず、自然体で、、、

私もいつかそういう暮らしがしたいです。


展示コーナーにあったイエルカさんの作品はしっかりとした山羊の毛で織られていて、力強い感触でありながら、ナチュラルな毛の濃淡が表現された何とも言えずに美しい作品でした。

ジョリーさんのレクチャーもとても興味深く、羊毛と他の素材とのコラボレーションなど、日本人ではないジョリーさんだから、表現できたものだったり、常に新しいものをクリエイトし続けるジョリーさんはやっぱり凄いな〜と。作品に対する情熱のようなものを感じました。

今日のスピニングパーティーではいろんな刺激をもらうことができました。

でもあんまり夢中になっていて、せっかくカメラを持っていったのに
すっかり撮るのを忘れてました(>_<)

帰りの水上バスの中で、ハッと思い、せめて会場の客船ターミナルをパチリ。
また来年も来たいです〜。
クリックすると元のサイズで表示します
タグ: 羊毛 紡ぎ フェルト



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ