糸目姐さんの失血日記

 

カレンダー

2021年
← July →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:元日野デュ●ロ3トンローリードライバー
木炭発動機はなんとバイオマス燃料使っていたのですか?意外とエコなんですね〜失礼しましたm(--)m

焼き玉のエグゾーストといえば旧国鉄式のDF50型機関車を思い出しますね〜
確かDF50の初期型は(1956年製)ツルズァー社製のエンジンの音がまるで焼き玉エンジンのような音を立てていましたよ。

S50年代半ば頃まで四国で走っていました
ディーゼルエンジンで発電してモーターで走っていって車体が重くて構造が複雑で非力(600KW)でしたので重い貨物列車の牽引には向いていなかったようです〜
投稿者:糸目今日子
Big Muski様
戦時中から戦後の燃料事情にマッチした機関でしたねぇ〜。草創期の海上保安庁の巡視艇にも焼玉を搭載していましたっけ。

ぽるナズン様
糸目は28なので、リアルに見た事ないで〜す

http://green.ap.teacup.com/hourou2009/
投稿者:Big Muski
50年前の技術書には書いてなかったのに、新書で買った技術書の原動機項には焼き玉機関がでてました。昔は教えられるまでもなく当たり前の機器だったのかはたまた…



この機関の良いところは炭化水素なら何でも動力に変換する悪食なところでしょう。
粗悪な燃料を使うと煙管にタールが溜まり掃除に追われ大変だとか
投稿者:ぽるナズン
昔、江波に住んでた頃にポンポン船走ってましたね〜あの音が蘇りそうです

http://blog.ap.teacup.com/kusa/
1|2
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ