糸目姐さんの失血日記

 

カレンダー

2020年
← June →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:糸目今日子
元日野デ●トロ3トンローリードライバー様
こちらも昨日は広島機関区でキチャナイEF66を見たし、帰りは沿線火災で18分ほど足止めを喰らったりしました〜〜〜(泣)

サニー佐用店さま
決壊<粉砕<蒸発です。

流石に臨界とか溶融は使えませんし・・・

スーパーT部長さま
エ〜〜〜ン、テレビ無いからついていけないよぉ〜〜〜(シクシク)

http://green.ap.teacup.com/hourou2009/
投稿者:スーパーT部長
 ご無沙汰しています。
 プラウディアといえば、たまにフジテレビ系の木10ドラマに出てきますよね。一昨年は天海祐希主演の"BOSS"に登場していたし・・・。

http://blog.goo.ne.jp/rn6_2007
投稿者:サニー佐用店
NYMお疲れ様でした。おまる蒸発って(笑)!


決壊→蒸発→臨界?
投稿者:元日野デ●トロ3トンローリードライバー
PS, 鉄ちゃんネタ〜 姐さん〜昨夜新大阪駅にてラッキーにもN 700A のまっさらな新車と偶然スリスリ出来ちゃいましたよ〜\(^o^)/

16両×7編成あるうちの1つのフロントガラスのナンバーがG5編成でした〜 どうやら新大阪止まりの、のぞみでJR東海の鳥飼基地へ回送されるところでした… 

それと新大阪駅手前の停留線に今となっては貴重な国鉄色のEF 651128号機が(1979年式…)が休んでいましたよ…(^_^)v



http:/
投稿者:糸目今日子
元日野デ●トロ3トンローリードライバー様
糸目姐さんは三輪車の維持で手一杯ですので、オーナーさんに頑張って頂きたいですねぇ〜〜〜♪

ペルソナーゼ様
スリーナイン諭吉で購入しても・・・

速攻でFR&5MT化工事を実施しますヨ♪

http://green.ap.teacup.com/hourou2009/
投稿者:ペルソナーゼ
今現在でも、立派なレア車だと思いますよ…。

試しに、どの程度認知されているか、街頭インタビューしてみたいですね…。

30年後には、きっと誰も知らない「無縁仏」グルマになっていなきゃいいけど…。

また、仮にスリーナイン諭吉が調達出来ても、きっと持て余しますよ…。

FFだし、ホイールベースが長いので、最小回転半径も凄そうだし、取り回しも大変そうですね…。

もっとも、糸目HD代表取締役として、長い脚を組んでリアシートにふんぞり返り、オトコどもをはべらかしてみたいと姐さんが仰有るのなら、止めはしませんが…(笑)。

まずは個体捜しから、でしょうか…?。
投稿者:元日野デ●トロ3トンローリードライバー
ディグニティーってたった59台しかないのですね〜(-_-;)

現存している初代シーラカンスよりマジで台数少ないのかも…!?

さして昔のクルマでないのに絶滅種なのでオーナーの方にぜひ大事に乗って欲しいですね…

http:/
投稿者:糸目今日子
真鍋清さま
ウォン安の時にエキュ〜スを輸入して、でぐにてぃとスリスリしたかったで〜す(号泣)

http://green.ap.teacup.com/hourou2009/
投稿者:糸目今日子
ペルソナーゼ様
「でぐにてぃ」は年式的には糸目HDのエリア外ですが・・・

30年後にはとてつもないレア車になるので、今の内から捕獲したいトコロですが・・・

スリーナイン諭吉はツラいなぁ〜〜〜Orz

http://green.ap.teacup.com/hourou2009/
投稿者:真鍋清
ディグニティって三菱も当時自信過剰に陥っていた様相を彷彿させてくれます―韓国ヒュンダイ自動車への技術供与を通じて。
何の何の彼我の間に明暗クッキリ―ヒュンダイ側は同車をエキュースという商標で売りまくり、韓国のセルシオ&センチュリー(最高級車)として絶大な名声を確立して今や二代目エキュースとなってアメリカに売り込み中、片や本家というべき三菱は空前絶後のリコール→経営危機、今ようやっと日産シーマOEMのディグニティで息をついた所だから「青は藍より出でて藍より青し」どころではない根深いドラマが隠されているのではないでしょうか。
1|2
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ