糸目姐さんの失血日記

 

カレンダー

2019年
← December →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:糸目今日子
しがじろう様
歌詞のフレーズが楽しみだなんて…調子に乗ってジャンジャン使っちゃうかも!?
投稿者:対厳山
 サイト付き合い変更のため、悩んだ結果
「みんカラのIDで此処に出入りする」
 事にした元○○です(^_^;)ワカランガナ。
 まぁ、色々ありましてお久しぶりです。

 5葉目の標識に吹きました。
 どないせェっちゅうねンですな。

 最初の仁丹住居表示、私も、
「下京区正面通若宮東入四本松町」
 を画像捕獲してます。
 旧字体右書出し時代の住居表示が未だ使えるなんて素敵(o^^o)。
 でも三原も負けてなくて、住居表示の下に豆地図入れてるんですよ。

http://minkara.carview.co.jp/userid/1694596/my/
投稿者:しがじろう
「三輪は、80で走れ」の補助板は、伊勢湾岸自動車道にも確か有ったと思います。

画像のややこしい看板は、ほんまに、曲がる場所を間違えたら、「迷い路クネクネ〜〜〜♪」って唄ってる場合じゃないッスよ〜。たまに、歌詞のフレーズが出てきますが密かに楽しみにしています。
投稿者:糸目今日子
真鍋清さま
酷道299号線といえば、上野村からぶどう峠にアクセスする道じゃないですか〜〜〜Σ(゜Д゜;)!!!

ぶどう峠から南に進むと御巣鷹山・・・

1985年8月12日にフラッシュバックしてしまいました

http://green.ap.teacup.com/hourou2009/
投稿者:真鍋清
我らが埼玉県にも「酷道」1.5車線国道があります!
その名は国道299号、秩父市の小鹿野町を貫く区間です。
同区間は幅員5.5m程度で我が「真鍋清ヴィッツ」(全幅1660mm)と♪軽トラックはダイハツハイゼット♪(全幅1470mm)が離合するだけでやっと∴観光バスの通行などとんでもない部位があるのにはそそられます(笑)。
もっともバイパスの建設が進み、「関東の秘境」秩父市の狭隘国道も徐々に市道に格下げされていますが「歴史的文化財」としての価値はあるかと思います(皮肉)。
投稿者:糸目今日子
piro2様
予想以上の反響に、おまる決壊寸前の糸目姐さんで〜す♪

BlackA175A様
主要都市を結ぶ道路が国道ならナットクしますが、なんでこんなルートを選択するの!!(R482とか)って思う酷道も多いですよねぇ〜〜〜

http://green.ap.teacup.com/hourou2009/
投稿者:BlackA175A
以前仕事で、山形の山の中走ってる時に国道看板があって驚いたことがあります。まあ、あの看板のおかげで道間違えてないことが判ったんですが・・・

なんか、ものすごい道でも国道だったりするんですねぇ〜。
投稿者:piro2
標識ネタになると、常連リスナー以外からのコメントが目立っていますね〜

トコロテン、瀬戸中央道は俗に言う「高速道路」でなく、「自動車専用道路」の扱いなので“最高制限速度100km/h”という規制標識を見ることが出来ますが、同時に『最低制限速度50km/h』という規制標識も設置されています。

これによれば、「ケサブローもコニーグッピーも、アクセル全開で走らんかい!」というコトになりますね〜
投稿者:糸目今日子
伝説の教師永井裕美さま
バブリーな頃、生徒確保の為にベンツ入れたトコロが多かったですね〜(笑)

こんぷれっさー様
昨夜は糸目もアタマがおかしくなって寝堕ちしちゃいました(汗)

Big Muski様
三輪の標識は見たコトないですヨ〜〜〜(泣)

今度伊那谷に行った時に確認しまぁ〜す♪

真鍋清さま
刺客もとい資格は、いざという時に助けてくれますので、頑張って取得してくださいね〜〜〜♪

http://green.ap.teacup.com/hourou2009/
投稿者:真鍋清
1994年―「仁丹」のホーロー看板が昭和の味横溢で泣かせますね♥
小生、ここ、<森下仁丹>の商品では仁丹の銀色の粒を飲んでパワーを付けて就職活動に臨んだ思い出がある他、幼児だった1970年代半ばに仁丹製ガムを噛みその「人工臭さがない甘さ」にロッテなどとは一段も二段も異なる老舗の貫禄を覚えた印象が強烈です!
そうそう、1994年と言うと小生24歳、買って二年目の1992年式メルセデス・ベンツ260E(2600cc/165馬力;無論家族と共有)のハンドルを握り、戦車のようなサイズ感とその割に非常に切れるハンドル(ボール循環式パワステ)に感銘を受けたことを昨日のことのように憶えております。
あの当時大学院でアジアの自動車産業のことを研究した当方も今ややっと「人生の裏街道」を脱出すべく放◎大学で心理方面の資格を取る目鼻が付き、心にはいつも糸目姐さんがいると思って努力して行きたいです。
1|23
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ