糸目姐さんの失血日記

 

カレンダー

2019年
← October →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:糸目今日子
ダーオー様
只今「特攻の拓」1巻なう
投稿者:ダーオー
自動車もそうですが、車をハリボテで飾るようになったように、バイクもアメリカンやらビックスクーター、少し前のキムタクのTWブームなんかのように走りより見た目重視の改造が増えたせいで、長く車を趣味とする若者が減ったのが衰退化の原因だと思います。

オイラに関しては、娯楽の少ない田舎育ちなんで中学からナナハンに乗ってましたが…

特攻の拓、オイラもまた読みたくなりました〜
投稿者:糸目今日子
なんか二輪で熱くなってますねぇ〜。

久し振りに「特攻の拓」が読みたくなっちゃいました♪

http://green.ap.teacup.com/hourou2009/
投稿者:みつぎはん
>たれぱんだ86さん

 あう〜(T_T)
 確かに倒し込むほどカッコいい曲がり方って時代もありましたよね。
 フロントタイヤなんかその斬り込みの為に乗用車並みに小さくなってましたし。
 ステップエンドやクランクケースを擦るのが誇らしいってのありました。

 いつからそう言う熱が醒めたんでしょ?
 ゼファーぐらい?
投稿者:たれぱんだ86
みつぎはん様、駄−尾ー様

そぉなんですかメモメモ!

物を大事にする(いいことです)

拙者乗ったバイクは空き缶やまな板をひざにくくりつけてひざすりしないと気がすまないたちでして・・・菱木研二ばりにコーナーに進入するとバンク角でシリンダーがぁぁああ!!

おっと失礼致しました。
投稿者:ダーオー
>例え自分の生肌や骨が犠牲になってもこの手の機械は損傷から守るのです

そうです、「バイクでコケても人間は勝手に治るけど、バイクは金をかけんと直らない」の原則ですね。

意外とこちらのリスナーの方々は二輪に対する感心がそんなに高くないんでしょうか?

http://ponkotu861.exblog.jp/
投稿者:糸目今日子
みつぎはん様
サイドスタンドを掛けたつもりが、ちゃんと出てなくてコロンとした時がコワイなぁ〜。そんな時に限って縁石とか余計な凸があって「チーン」してしまいそうです。

http://green.ap.teacup.com/hourou2009/
投稿者:みつぎはん
>水平対抗かつガードないのでこけたらシリンダー割りそう

 ノンノン・ですよ(^_^)b。
 戦後15年ほど当時はどんなに無様であろうともコケない乗り方が優先されてました。
 例え自分の生肌や骨が犠牲になってもこの手の機械は損傷から守るのです、
 と、そうだったはず(^^ゞ。

 かの月光仮面(TBS/宣弘社版)でさえ、我々の世代が苦笑するほど丁寧に停めてて、カッコの為に乗り捨て降りなんてしなかったらしいですし。
投稿者:糸目今日子
たれぱんだ86様
ここにもZU妄想家がおってですネ!

久し振りにプラモ買って作ろうかしら(作るヒマ無いけど・・・)

http://green.ap.teacup.com/hourou2009/
投稿者:たれぱんだ86
ホスィっす!
水平対抗かつガードないのでこけたらシリンダー割りそうですね

Z2に乗りながらヤッホー俺のゼッツーとおらびたい思いなら二十数年たってしまいました。
1|23
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ