このBlogは2006年11月4日(土)〜11月11日(土)まで8日間のイタリア旅行記録写真集です。 旅行ルート:成田空港→ミラノ空港(乗り継ぎ)→ナポリ空港→ナポリ→カプリ島→ソレント→ポンペイ→ローマ→フィレンツェ→ヴェネチア→ミラノ→ミラノ空港(直行)→成田空港

2006/11/17

061105-2青の洞窟〜カプリ島  旅日記

3.青の洞窟〜カプリ島

第2日目 2006年11月05日(日)
古代から存在した秘密の洞窟
南イタリア、カプリ島マリーナグランデ港から青の洞窟へモーターボートで所要時間25分


クリックすると元のサイズで表示します
青の洞窟行きチケット
カプリ島マリーナグランデ港から青の洞窟へ行く大型モーターボートのチケットです。
値段は4ユーロ、1ユーロ約156円なので624円でした。



クリックすると元のサイズで表示します
青の洞窟行き大型モーターボート
洞窟内に入れる確率は半々だそうでそこまで行かないと判らないと言う青の洞窟へ期待を膨らませ60人くらい乗れるモーターボートに乗り込んだ。
天気も良いし、遠い海にも白波は立っていない。 大丈夫と確信した。


クリックすると元のサイズで表示します
カプリ島マリーナグランデ港を離れて一路青の洞窟


クリックすると元のサイズで表示します
船の進行方向右端の島の突端を通り過ぎ左へ廻った辺りに青の洞窟があった。


クリックすると元のサイズで表示します
さすが洞窟の入り口の穴は小さい・・・。 
穴の大きさは上下の高さが1.5mくらいで幅が2mくらいの半円の穴だった。
皆順番に小型ボートに乗り移り入って行く。
青葉の百姓も早速大型モーターボートから小型手漕ぎボート(6人乗り)に移り待機した。
この後、写真のボート4隻が入った後、一瞬ではあるが大きなうねりが押し寄せ穴を塞いでしまい、もう駄目かな?・・・と思った。
5分位したら波も落着き、やっとの事で洞窟内へ入る事が出来た。
入る時はうねりが上がると岩に頭が当たり危険な為、皆、完全に仰向けに寝た状態で進入する。


クリックすると元のサイズで表示します
入った瞬間は真っ黒の闇だと思ったが、光のある進入口に振り向くと水面が眩い青の光だ!


クリックすると元のサイズで表示します
中は一面の深い青の世界が広がる。
調べてみると洞窟内部は奥行き54m、高さ15mで、水深14〜22mだそうだ!
幻想的なブルーの空間は洞窟の狭い入り口と太陽光線が生み出す自然の神秘に何をしていたのか判らなかった。
只僅かな時間(約5分)であるが小船の船頭さんが漕いでいるあいだ、舟歌を歌っていて、それが岩肌や水面に反射してエコーが効いて強烈な印象でした。


クリックすると元のサイズで表示します
近年、この洞窟内で海神ポセイドントリトンの彫像も発見されたと言う。


クリックすると元のサイズで表示します
青の洞窟を出て、大型モーターボートへ乗り移るところ
この洞窟内に入れる確率は調べてみると、1年の内で最高に良いのが6月で海が最も安定している時期で確率87%だそうだ!
一番悪い季節12月7%で、二番目に悪い時期がこの11月30%だと言う。
小船一艘に付き一人1ユーロのチップを船頭に渡すので、船頭は1回に6ユーロの実収入となる。
青葉の百姓はなんて運が良いのだろう・・・とつくづく思った!



クリックすると元のサイズで表示します
カプリ島見学(1)
青の洞窟から再度カプリ島へ戻り、昼食のためレストランへと向かう。


クリックすると元のサイズで表示します
カプリ島見学(1)
椰子の木もなっていて南イタリアだけに暖かかった。


クリックすると元のサイズで表示します
カプリ島見学(2)
白を基調とした建物は日本には少なく、やはり異国に来たな・・・と感じがします。


クリックすると元のサイズで表示します
カプリ島見学(3)
高台から見た海が綺麗でした。 紺碧の海、建物は全て白色。


クリックすると元のサイズで表示します
カプリ島見学(4)
ここをバックに1枚撮ってもらった。


クリックすると元のサイズで表示します
カプリ島見学(5)、おみやげ物売り場


クリックすると元のサイズで表示します
カプリ島見学(6)
カプリ島でお土産に壁掛けタイルを購入


クリックすると元のサイズで表示します
カプリ島を離れソレントへ
ここの港も綺麗なところです。日本でも歌でおなじみの“帰れソレントへ”のソレントそしてポンペイへと向かう。

4.ソレント〜ポンペイ
http://green.ap.teacup.com/itaria06/4.html


19



2010/6/15  6:20

投稿者:青葉の百姓

ふーチャンお早う!
青の洞窟はキューバのカリブ(海)ではなくて、南イタリアのカプリ島ですよ。
昨日はサッカーのWカップで強敵カメルーンに日本が勝ちましたね。 
お陰で青百は寝不足です。

2010/6/14  14:01

投稿者:青葉の百姓

ふーちゃん、コメント有難う!
青の洞窟内の海面はまさしくターコイスブルー色です。
吸い込まれるような海水の色でした。
洞窟内へ入る時は海が多少荒れていて怖かったし、入ってからも入口の穴が小さく感じて波で海面がふさがれたらどうなるのか?と不安でした。

2010/6/14  12:56

投稿者:ふーちゃん

ターコイスブルーの洞窟・・・太陽の光が
生み出す神秘的な色に感動です!
カリブの異国情緒が感じられて、とても素敵
でした。

2006/12/7  10:38

投稿者:青葉の百姓

ふうさん、青の洞窟は中に入った時間はほんの少しだったが夢の世界でしたよ!

http://home.t06.itscom.net/kazu-nx/

2006/11/18  5:01

投稿者:ふぅ

青の洞窟の写真、神秘的ですね〜
最近はこんな大型船でいけるようになったのですね!
カブリ島の白い家並みはほんとに綺麗(^^)
青い海と対照的〜で、目を奪われますね!

http://homepage1.nifty.com/fusako/


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ