2010/1/1

あけましておめでとうございます。  滋賀

クリックすると元のサイズで表示します
大雪になりました新年、皆様いかがお過ごしでしょうか。


久々につれとともに実家に帰って参りました近江は湖北のお正月。雪に降り込められますと、いきおい行事は食べることのみ。カロリーオーバーもお約束。


ということで、ビボーとプロポーションを維持すべく(おおうそ)、これも久方ぶりの雪遊びエクセサイズとあいなりましてございます。





いや〜、4、50センチくらいは積もりましたでしょーか。庭主が小学生の頃は、軽く1mは積もったものでございましたが。よ〜こんな積雪の中を小中高と通学したものでございますにゃあ。


そーいや、小学校では近所の生徒でグループを組んで登校するのですが、振り返るとおとなしい低学年の子が一人消えてて、あわてて探すと路肩を踏み外してすっぽり頭まで雪の中にはまっていたりですとか(もちろんみんなで引上げましたヨ)。


途中の歩道橋の階段が雪ですっぽり埋まっていたのでみんなできゃあきゃあ言って登って、下りは面倒なので雪を固めて滑り台にして滑り降りたら、向こうからバイクで通勤してこられた校長先生に見つかって大目玉だったり。


いや〜、おおらかな時代でしたあにゃ。





雪もほどよく積もりましたので、早速つくってみました。かまくら。


う〜ん、おもしろい。いいねえ、かまくら。


いや〜、なにがおもしろいって、こんな建材があったら、お庭づくりももっと楽し〜だろ〜な〜、って。


くっつくでしょ。軽くつけても、数分すると氷のつぶが凍結してしっかりつくでしょ。削るのも自由だし、薄くすれば光が透けるし、多少重量の考慮はいるけど、かなり自在。


これで溶けなきゃ、おもしろいオブジェができるよな〜。ファニチャーも自由自在。


まあ、溶けるからこそのつかの間のはかなさがいいんですけどね。





あんなに冷たかった空気が、雪が降るとふわりと暖かくなる。音も吸収されて静かな世界が広がる。


冬の豪雪地帯ならではの、庭の楽しみですねっ。





かまくらの中に雪うさぎ。今年も皆様にとって、良い1年でありますように〜!
0
タグ: まちあるき 文化 



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ