2012/5/16

天敵の天敵は… ちび庭攻防戦続き  栽培

クリックすると元のサイズで表示します
雨も上がって、いきなり暑くなりました。


ということは。虫サンたちが大活躍するでしょう…という虫活予報by庭主アンテナにより、いざ防虫スプレーもって出陣!


と、ちび庭の片隅で敵の猛攻撃を受けつつあるバラ科木本に向かい、スプレー砲を構えた庭主でしたが。


…いるなあ。いろいろと。





目標、葉っぱをかじってぶら下がるチュウレンジバチ軍団ー!!! …のすぐ横に、別の敵アブラムシ軍団をねらう我らが刺客、テントウムシの幼虫がうろうろ。


手前には、蕾砦に押し寄せる敵アブラムシの一個分隊とその護衛アリ。…そのアブラムシのおしりにかぶりついているのは第2の刺客、ヒラタアブの幼虫。


アブラムシ軍団をよ〜く観察すると、羽のある親虫、樹液でまるまると太ったタンク隊、生まれたばかりの子虫隊、脱皮した白い殻の他に …ヒラタアブに吸いつくされて皮だけになったものと、第3の刺客、寄生バチにやられてころんころんの「マミー」になったものも。


…う〜ん。全軍入り乱れておるのう。無農薬とはいえ、スプレー砲を発射すると、せっかく馳せ参じてくれた刺客たちにもダメージを与えてしまう…。


かといって、このままではチュウレンジバチ勢に天下を取られてしまう…。


ええいっ、しかたがないっ!チュウレンジバチどもは片っ端から割り箸2本槍で振り落とすしかないっ!いくぞっ!






と。そのとき、目の前をうぃ〜ん、と、一匹の軽飛行艇が。


ん?敵か?味方か?






小さな透明な羽に折れそうな細い腰、オレンジのカラフルなしっぽ、極細の針。葉っぱの周りをふうわりと飛び回り。


これは? ハバチ?太ったチュウレンジの親ではない。もしやそなたは寄生バチ?姿見たことないけど。ん?葉元をかぎ回って、アブラムシに卵を産もうとしているのか???


とある種期待を込めて見ていると。


ななな、なんと!!!!!






あろうことか、アブラムシを追い詰めていたヒラタアブの幼虫に針を刺しているではないか!!!なんということだ!刺客が刺客にやられるとは!あぁ〜。…がっくり。orz



ほんの一瞬のことだったが、なんだか見てはいけないものを見てしまったような気がして、しばらくぼーぜん。


その後も極小のハチは旋回し続け…や、やめてくれ、これ以上ヒラタアブの幼虫を探すのは…。






余りのショックに敵の天敵の天敵は敵だ〜!と捕獲する気も失せ、も、自然の営みにまかせようと思ったのでした。






…でもね。アブラムシ軍団の多さに比べて、テントウムシとヒラタアブの幼虫の数はほんの数匹。どちらも大量のアブラムシを食べると言うけれど、午後はおなかがすいてないのかお食事の速度はイライラするほどゆっくり。目の前にアブラムシがいてもの〜んびり迂回したり。


まだあっちの蕾もこっちの蕾も敵に襲われてるのよお〜。花がダメにならない前に早くやっつけてちょうだいっ!!!でないと、水波動砲でみんなまとめていくわよっ!!!






どうやら、先程のハチはヒラタアブヤドリヒメバチというらしい。自然界って…ほんとに…いろいろいるのね…。フッ。







以上、つるばら‘ユキコ’戦闘地区よりレポートでした〜。






☆今日のちび庭気温:今日は暑かったですね〜。ちなみに、チュウレンジバチの天敵はアシナガバチだそうです。時おり巣の材料集めにベランダのすのこをかじりにいらっしゃってるのをお見かけしますが、巣はちび庭から遠くにつくってね〜。あは、あはははは…。(^^;)
0
タグ: 植物  栽培



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ