2019/11/16

令和元年度 第6回 学習療法施設間交流会  委員会

令和元年度 第6回学習療法施設間交流会を開催しました。

今回のテーマは『自立支援』
〜学習療法を通じてのお客様の関わり〜
〜お客様と目を合わせて、話す〜
でした。

今回の司会は旭グループリーダー 鈴木リーダーです。

クリックすると元のサイズで表示します

今回もくもん学習療法センターより鴨下様、橋本様が来て下さりました。
参加施設様は、
株式会社すまいるふらの様、
特別養護老人ホームかおる園様、
特別養護老人ホームひかりの様、
小規模多機能ホーム陽だまりの郷様、
小規模多機能ホーム鷹栖なごみの家様、
小規模多機能ホームぬくもりの家えん様、
芦別慈恵園の計8施設46名の参加となりました。

開会の挨拶は芦別慈恵園施設長 川邊施設長からです。

クリックすると元のサイズで表示します

〜一斉支援〜
学習ブースにて4テーブルに分かれ一斉支援を行いました。

K様・N様:支援者 学習療法委員 西村CW

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

I様・E様:支援者 学習療法委員 藤澤CW

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

I様・N様:支援者 マスター 松井事務員

クリックすると元のサイズで表示します


Y様・N様:支援者 マスター 小野部長

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

どのテーブルも笑顔が沢山見られ、楽しい雰囲気でした。

〜事例発表〜
特別養護老人ホーム ひかりの 本間様より
「『どうでもいい』から『これがいい』へ〜学習療法から見えた希望の光〜」
という題で発表して頂きました。

クリックすると元のサイズで表示します

内容としては、95歳男性のお客様の事例で、始めは自発的にお話しされる事がなく、問いかけに対してもイエスかノーで答えられており1日の大半をベッド上で過ごされておりました。「なんでもいい」「しらん」とあいまいな返答ばかり。ユニット会議で色々な案を出してみるものの実現できず…。そんなときに学習療法を始めました。学習療法の最終学習目標を「生活の一部として学習療法を行い、自らの意思で決めることができるようになる。」と決めました。行うにつれ、普段の生活の中でご自分で選択される事が増えていき、学習前に比べ余暇活動の時間も増えて行きました。学習姿勢も以前はうつむいたままでしたが、顔を上げて職員の目を見て下さるようになり、笑顔も増えました。
学習法から見えた希望の光それはこれからの未来を照らす光。
『すべての方々に満足感と幸福感を提供する』
あなたは光の先に何が見えますか?
という内容でした。

もう一つは芦別慈恵園 旭グループリーダー 鈴木リーダーより
「旭の暮らしと施設間交流会6年間を振り返る」という題での発表でした。

クリックすると元のサイズで表示します

旭グループの学習を行っているお客様の紹介と慈恵園の取り組みでもある肉の会の様子を見て頂き、その後平成26年から始まった学習療法施設間交流会を振り返る内容でした。

〜グループ討議〜
5グループに分かれグループ討議を行いました。
・一斉支援を見学してみて
・事例発表を見て感想、良かった点、気になった点
・交流会に参加してみて、楽しく正しい学習支援とは?
という内容で話し合いました。


短い時間ではありましたが、他の施設の方とお話しする事が出来、沢山の事を学ぶことが出来ました。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

〜総括〜
くもん学習療法センターの鴨下様、橋本様
かおる園の河村様よりお話し頂きました。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

閉会の挨拶は芦別慈恵園 まちづくり事業部長 小野部長からです。

クリックすると元のサイズで表示します

最後は恒例の記念撮影で終了です。

クリックすると元のサイズで表示します

沢山の他の施設の方とお話しする事でお客様から頂いている30分の使い方をもう一度考える機会となりました。
また他の施設の事例発表を聞いた事で今後取り組んでいきたい事ができました。

参加して下さった学習療法センターの鴨下様、橋本様
株式会社すまいるふらの様、
特別養護老人ホームかおる園様、
特別養護老人ホームひかりの様、
小規模多機能ホーム陽だまりの郷様、
小規模多機能ホーム鷹栖なごみの家様、
小規模多機能ホームぬくもりの家えん様
お忙しい中、また天気の悪い中遠方から来て頂き、本当にありがとうございました。
また来年も参加して頂けるよう今後も取り組んで参りますので、今後ともよろしくお願いいたします。
1

2018/5/9

お知らせ  

お知らせ


いつもスタッフブログをご覧いただきありがとうございます!

芦別慈恵園のホームページがリニューアルされたのは
みなさまご存知でしょうか?!?!!

デザインが変わり、トップページ右側には
インスタグラムやFacebookなどのページにとべる
バナーが新しく加わりました!

みなさんにわかりやすく・欲しい情報がすぐにみられるようにと
広報委員で毎月、話し合いをしていますよ!

こちらからご覧いただけます⇒慈恵園ホームページ

トップページはこのようになりました!
クリックすると元のサイズで表示します


また、ホームページリニューアルに伴い、
スタッフブログも新しくなりました!
(以前とはURLが変わっています。)

こちらからご覧いただけます⇒新しいブログ

現在はこのようなデザインです!
クリックすると元のサイズで表示します


インスタグラムでは行事・イベントの様子、
研修の様子などをお伝えしています!
ぜひぜひフォローしてください

アカウント名⇒@jikeien.ashibetsu

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ご意見ご感想もお待ちしております!!!

0

2018/4/25

平成30年3〜4月・もみじの家の活動報告です!  もみじの家

こんにちは!もみじの家のいしのです!!
最近はすっかり暖かくなり、春の陽気を感じるようになりましたね。
4月も下旬ということで、そろそろ桜が咲き始めるかな?とワクワクされている方も多いと思います。私もその中の一人です。春っていいですね!


さてさて、今月ももみじの家の活動報告をさせていただきますね。
ぜひ続きからご覧ください!



1

2018/3/18

プレス空知に  新聞記事

3月17日(土)のプレス空知に
サ高住『さくらハイツ』の内覧会の記事が掲載されました。

芦別初のサ高住
特養施設の一部転用
芦別慈恵園内覧会実施 9部屋の設備確認
9組の入居者が決定4月1日から新生活

【芦別】昨年10月から特養の一部を改修しての建設工事が行われていた市内初のサービス付き高齢者向け住宅(サ高住)「さくらハイツ」が10日、社会福祉法人芦別慈恵園内に完成。開設日の4月1日を前に9部屋に市内在住の夫婦1組を含む9組の入居者が決まった。
工事中に複数回の現場見学会を行っているが、完成後も12日に2回の住宅内覧会を開いた。15日には市内の民生委員を対象に注目のサ高住完成後の報告会を開催。現時点で待機する人も登録されているという。
減少傾向の特養の有効活用や年齢を重ねても子の芦別に住みたいという高齢者の声を反映することができ、整備計画から2年越しのサ高住完成にこぎつけたと川邊施設長は「家族も安心でき、暮らせる喜びを法人としても感じています。今後も地域ニーズを感じ取っていきたい」と開設を前に新事業展開を実感する。
住宅内部は共有のリビング、食堂、台所、食洗器、風呂があり、冬でも床が温かい快適な個室を9室備える。提供されるサービスは安否確認と生活相談員。30、31日と引っ越し作業が行われ、4月1日から「さくらハイツ」での新生活がスタートする。【野村博】


クリックすると元のサイズで表示します
1

2018/3/16

3月15日 えがお健康体操教室  特養

本日は11名のご参加です。
ありがとうございます!



立った状態でのひろのば体操は
クリックすると元のサイズで表示します

このぐらい上がるのが理想…!?
すばらしい足指です。



靴ひもをしっかり結ぶのとそうでないのとでは、踏ん張りに差がでることをお伝えしました。


次回3月22日です。
またどうぞよろしくお願い致します。

1




AutoPage最新お知らせ