2010/4/30

ムシトリナデシコ  

クリックすると元のサイズで表示します

お庭の草花の第二弾です
優子さんがご自宅のお庭の草花をお持ちくださいました

この中には私の大好きな「カワラナデシコ」の白色も入っています。
以前薄いピンクのカワラナデシコをご紹介しているので、今回はこの写真で見ると、濃いピンクに見える「ムシトリナデシコ(虫取撫子)」をご紹介します。

ムシトリナデシコは初夏に長い蕚筒を持った、主に濃桃色(白色品種もあり)の小さな五弁花を茎先に多数付けて咲かせる ナデシコ科の耐寒性一年草です。

ヨーロッパ原産の帰化植物で、こぼれ種で増えて、野生化しているものもあるので道端でも見かけることがあります。
葉は茎を抱くように生えていて、対生につきます。
茎の上部の節の下から、粘液をだし、虫をくっつけるのが名前の由来ですが、食虫植物ではありません。 高さは30〜60pくらいです。

花の感じが芝桜に似ていますが、芝桜はムシトリナデシコほど草丈は高くありません。
因みに、シバザクラはハナシノブ科の植物です。

ムシトリナデシコの花言葉はなんと「罠」
あまりにもピッタリすぎるところはありますが・・・



クリックすると元のサイズで表示します

これはシバザクラです
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ