2010/8/25

桃  

クリックすると元のサイズで表示します

ボタニカルとは植物の という意味もちろん桃のようなくだものも含まれます。野菜もそうです。
今回の桃は敦司さんが「福田平八郎の桃の絵を見て感激したのでそれ以上に美味しそうにみえる桃を描きたい」と意気込み 桃を二個持参されて、描かれたものです。

桃はバラ科モモ属の落葉小低木。3〜4月に薄桃色の花を咲かせます。桃の実は7〜8
月に実り、秋の季語になっています。球形で縦に割れているのが特徴で、果肉は水分を含んで柔らかく甘いです。栽培中は病虫害に侵されやすいデリケートな果物で、袋をかけて保護しなければならない手間のかかる作物のようです。

もも の語源には諸説があり、「燃実(もえみ)」より転じたとする説、多くの実をつけることから「百(もも)」とする説などがあります。

「桃」の字は中国から伝わったそうです。「桃」の字の「兆」は”妊娠の兆し”を意味しており、桃が「女性」や「ひな祭り」と関係があるのはこの理由かららしいのです雛祭り
中国においては桃は仙木・仙果と呼ばれ昔から邪気を祓い不老長寿を与える植物として親しまれています。祝い事の際には桃の実をかたどった練り餡いりの菓子を食べる風習があり、日本でも桃饅頭の名でしられています。

花言葉は「チャーミング」「私はあなたのとりこです」

本当に思わず手に取りたいように、美味しそうです
描いた後は皆さんでいただきましたが甘く美味しい桃でした。

クリックすると元のサイズで表示します

このアジサイは敦司さんの前回の作品で今、大分銀行本店での作品展に展示中です。
残り二日となりました。

まだご覧いただいてない方は是非お運びくださいね
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ