2011/1/26

オリーブ  

クリックすると元のサイズで表示します

モクセイ科の常緑高木です。地中海地方が原産とされ、葉が小さくて、比較的乾燥に強いことからスペインやイタリアなどの地中海地域で広く栽培されているいます。

多くの品種では自家受粉できない。DNAが同一の花粉には反応せず実をつけないことが多い。この為、オリーブは二本以上隣接して植えた方が良いとされています。

二本での栽培は香川県小豆島で1910年頃はじめて栽培に成功して、現在は香川県・岡山県などで栽培されています。
香川県の県の木、県の花に指定されています

オリーブには多くの品種があり、品種によって味や油の含量が違い、加工用、採油用など用途が決まっており、
加工製品には緑果塩蔵、熟果塩蔵、ギリシャ風オリーブ、干しオリーブなどがあります。
油は熟果の果肉からオリーブ油、核果からはオリーブ核油がとれ、核油はサラダ油、薬用、せっけんなどに用いられます。

オリーブの枝は、ハトとともに平和の象徴とされることが多いのですが、アヒル
これは『旧約聖書』の「神が起こした大洪水のあと、陸地を探すためにノアの放ったハトがオリーブの枝をくわえて帰ってきた。これを見たノアは、洪水が引き始めたことを知った。」との一節に基ついているそうです。
国際連合の旗のデザインにはオリーブの枝があしらわれています。

この作品はセツさんが横浜の娘さんのお宅のオリーブを一枝持ち帰れられ描かれたものです。
なかなか大分でこんなにたわわに実をつけたオリーブにおめにかかることはありません。

私も描きたいと思いながらも描いていないオリーブを素敵に描いてくださり嬉しかったです

昨日で県庁新館ロビーでの作品展も終わりました。
沢山の方々に見ていただけたことに心から感謝いたします。
県職員の方々にも長い期間、大変お世話になりました。







3



2011/1/27  20:32

投稿者:みえこ

メールありがとうございます。。
セツさんすてき!!
わたしも、ぜひ、描いてみたいです^^
よろしく、お伝えくださいませ。
今年また、ひとつ、大分にご縁が・・・・
また、お会いしたときに^^
ことしは、行きたいです。

hhttp://botanicalart.blog27.fc2.com/


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ