2011/1/31

からすうり  

クリックすると元のサイズで表示します

ウリ科の植物でつる性の多年草。原産地は中国・日本で、日本では本州・四国・九州に自生します。

秋も深まるころ、立ち木に絡みつく蔓に、赤い卵をぶらさげたような実をならせるカラスウリは、咲く花が少なくなる晩秋を紅く彩ってくれます。

この絵は富美さんが夏の白いレース状の花の頃から描きはじめられ、緑の縦じまの実から朱く色付き

葉が紅葉するまでを描かれたものです。

この花は見たことのある人は少ないのですが、実は宵闇とともに開いて、明け方には萎んでしまう一夜花なのです。

この夜に白く浮かび上がるように咲く幻想的なこの花をゲットするために、夜に近所で悪戦苦闘していて不審者にまちがえられそうになった という富美さん。
しっかり冷蔵庫に保存して描かれました。

私も本では見たことがありましたが実物は初めてで、自然の美しさに感動しました。

花言葉は「よい便り」「誠実」だそうです。

調べてみると、一夜しか咲かない一夜花というのは他にも、ユウガオ、マツヨイグサ、オシロイバナ、ゲッカビジンなどあるようです。

名前の由来は紅く熟した実を烏が好んで食べるから付けられたそうです。

別名「玉章(タマズサ)」とも言われますが、これはこの種子が大変変わった形をしていて、黒い俵型の種子の中央に帯を巻いたような膨らみがあり、これが結び文のようだということから言われたらしいです。ちょっとロマンチィックですが・・・

富美さんも友人の方から種が変わっているとお聞きしたと言われ、皆興味津々で熟れた実から取り出しましたが、カマキリの頭のようにもみえました。

でも良く見ると打出の小槌にもにているのですよ
後で聞くと本当に財布の中にいれておくとお金が貯まると言われているそうです$

結局数人の方に分けたのはいいのですが、私のぶんが

そんな実も後で加えて、思い出に残る楽しい作品になりました。

花から実から種 ボタニカルの神髄ともいえる、構図も素晴らしい作品です

富美さんは日田からいらしてくださってます。
雪が溶けたら「すみれ」を描かれるそうです。私の好きな花でもありますので楽しみです


6




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ