2011/2/25

わらび座カンアミ伝  

クリックすると元のサイズで表示します

お誘いをいただき初めて観たわらび座の公演でしたが、本当に一瞬も目をはずすことなく惹きこまれました
演目は「カンアミ伝」。古典芸能をミュージカル仕立てにした作品です。
南北朝時代の猿楽師 観阿弥伝がテーマです。

演出家の中村たかおさんが「わらび座創設の原点である、日本の民族芸能のルーツにつながり、ここ10年余り積み重ねてきた、ブロードウェイ・ミュージカルの手法との交流の成果問われる舞台だ。」
と言われるように、演劇の要となる役者さんの身体的表現が特に素晴らしかったですダンスハート

二時間余り 全く他のことを考えたりする時間もなく惹きこまれ、気が付いたら最後の祝祭の場面になっていて周りの観客もほとんど全員がまるでその中に吸い寄せられているかのようでした



冷静になり、ここでご覧になってない皆様にあらすじを

南北朝時代動乱が、いまだ続くころの大和。観阿弥は、献身的な妻菖蒲(あやめ)に支えられ「人の心を打つ芸」をしたいと研鑽をつんでいた。
そんな時、観阿弥は人買いから孤児の少女「ナズナ」を助け、家族として迎え入れる。
数年後、新たな芸をとりいれようとする観阿弥は、大陸帰りの妖艶な舞踊手・乙鶴に斬新な曲舞を習ううち、次第に魅了されていく。家族と一座に走る亀裂ー

さまざま困難を乗り越えてきた観阿弥に大きなチャンスが訪れる。
京都今熊野で、息子世阿弥とともに将軍足利義満の御前で舞うことが叶ったのだ。
将軍の後ろ盾を得た観阿弥親子は一気にのぼりつめ、隆盛の中で、「民衆の中にあってこそが真の芸」と考える観阿弥と、「幽玄」の世界を求める世阿弥の対立が深まる。

観阿弥は、「芸とは何か」を世阿弥に諭しながら、「人買いから救った少女」を題材に、人々の本当の願いをこめた新たな作品を創りだす。
都から遠く離れた駿河浅間神社で、その作品「自然居士」を舞う観阿弥、
熱狂する民衆。
父の想いは、京に残った世阿弥の心にもくっきりと刻まれ、二人の心は時空を超えてむすばれていた。

このような内容だったのですが、百聞は一見に如かず
是非 一度わらび座の公演ご覧になってくださいませ。

今回の美術・衣装担当は朝倉 摂さん
大分の生んだ偉大な彫刻家朝倉文夫さんの娘さんです。あやめ・乙鶴の澄んだ声も軽やかな身のこなしも衣装でまた何倍も輝きを増していたように思いました。
11




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ