2013/2/28

大蛇伝説  

クリックすると元のサイズで表示します


バスの中では女性の語り部の方が美しい珠の様な声でうた姫ロードのもとになる歌ひめ伝説を語ってくださいました♪x3

「・・・・昔、豊後国緒方郷にいた緒方三郎惟栄(これよし)という者は、おそろしき者の末裔なり・・・」

当時、豊後国の或る片山里に華の本と呼ばれる美しい娘がありました。(通称:うた姫)

とこらがいつの頃からか、素情もしれぬ不思議な若者が夜な夜な娘のもとに通いつめ、やがて娘は身ごもってしまいます。その母が不審に思い問い尋ねると、娘は、「男の来るときには私の目にも見えますが、帰るときには何もみえないのです」と打ち明けました。

そこで母は娘に「男が帰るとき針で‘緒環(おだまき)‘の糸を通して、そっと男の襟に刺しなさい」と教えました。
娘はその夜、母の教えどおり、男の襟に針を刺したのでした。

男が何も知らずに帰った後をたどると、日向国の境にそびえる祖母山のふもとの大きな岩屋の中(今の穴森神社)に糸が続いておりました。

岩屋の奥では一種異様な唸り声がしましたので、岩屋の前に立った娘は
「あなた様のお姿を見たさにここまで尋ねてまいりました」
というと奥から「わしは人間ではない。見ないほうがよいだろう・・・」との答えが返ってきました。
それでも娘は愛した日々の想いを重ねて求めると、奥から初めて姿をみせましたが
それは祖母山の主と思われる巨大な大蛇で、針が喉笛に突き刺さっておりました。
苦しい息の中から大蛇は、「そなたのはらめる子は男なるぞ、弓矢打物をとらせれば九州九国二島に並ぶものはあるまい」と告げ、息絶えたのでした。

間もなく娘は大蛇の予言通り男の子を産みました。
男の子は偉丈夫で、母方の祖父大太夫は、自分の名に因み大太(だいた)と名づけました。

惟栄はこの大太の五代の孫であり、このようにおそろしいものの末裔だったからか九州一円の名だたる武士たちは皆惟栄に従ったということです。


    平家物語第八巻「緒環」より

クリックすると元のサイズで表示します

原尻の滝はさすがに美しいです。もうすぐこの周りにたくさんのチューリップが咲き多くの観光客でに賑わうことでしょう!!

私は怖くて吊り橋はわたれませんでした

歩くとあちこちに春の訪れを感じるホトケノザやオオイヌノフグリのような可憐な草花が・・・・





クリックすると元のサイズで表示します


昼ごはんは道の駅あさじレストラン福寿草で和気あいあいといただきました。

この後はいよいよ日本一のアーチ式吊り橋へ向かいます
3




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ