2018/10/2

レモン  


この作品は前出の弥生さんの新作です。今年の日展会館に10月5日6日7日に展示されます。

入選は常連です。

ミカン科の常緑果樹です。柑橘類の一種。高さ4〜5メートルになります。
幅は約5pで、翼葉がありません。花は枝(ようえき)部に単性またに総状につき、変異が多いです。
花弁は長くかつ大きく、外面は帯紫色で、内面は白色で多数で分離し、葯は長いです。

周期開花性がありますが5〜6月の開花が多いようです。

果実の収穫は10月から翌春に多く行われます。

しかし、アメリカのカルフォルニアでは周年収穫され、1〜5月最盛期です。

果実は香気に富み、120〜200グラム。

果皮は淡黄色で柔らかいです。

原産地はインドのヒマラヤ山脈東部山麓で、12世紀ころ、または十字軍の東征のころ(13世紀)ヨーロッパに。伝わりました。

周年、気候温暖な、夏冬の少ない乾燥地でよく育ち、カリフォルニアや地中海地方で多く栽培されます。

日本は、夏は高温多湿、冬は低温すぎるので、そうか病、、寒害などが多く表れて栽培は難しいとされてます。。主要品種にはユーレカレモン、ゼノアレモンなどがあります。

日本では年間7.2マントン、141億円を、主としてアメリカから輸入してます。

私は母が栽培したレモンを形は不ぞろいですがいただいて、レモネードとかに使ってます
5




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ