2019/4/23

ゼラニウム  

クリックすると元のサイズで表示します
この作品は大道公民館教室の光子さんの作品です。

フクロウ科テンジクアオイ科の植物です。
山野に多い多年草つる草ですが、茎の下部は枯れないで残り、木化して直径1p程になり木本状になります。
植物体に悪臭があるので、この名前がつけられました。

一名サオトメバナ(早乙女花)。
茎は長く伸び、葉は卵心形から狭卵形です。

夏、葉腋からでた枝に多数の花をつけます。

花冠は筒状。先は5裂し、白いが内側は赤紫色です。

花冠につばをつけ、人の体にくっつけて遊び、その様子がもぐさに似るためヤイトバナともいいます。

花冠は筒状で5裂し、外側は灰白色、内側は赤紫いろ。果実は球形、先に小さくとがった萼片が残り、種子は2個。日本、および中国南部、インド、東南アジアに広く分布します。植物体をもむと悪臭があるのでヘクソカズラの名があり、花冠内側の赤紫色が灸をすえた跡ににるので灸花の名があります。
中国では茎を咳どめの薬としたり、紙の原料とします。








2




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ