2009/7/24

ノアザミ  

クリックすると元のサイズで表示します


ノアザミ  花言葉「権威」「威厳」「独立」

ご夫婦でゴールデンウイークに黒川温泉に行かれた時の帰り道で和子さんが見つけられたノアザミ

アザミの種類は大変多く、どれもよく似ていて分類が難しい。日本だけでも60種類もあるらしい。
アザミ類は秋咲きのものも多いが、ノアザミは晩春から夏にかけて咲くのでわかりやすい。しかも総苞を触るとネバネバしているので他種との区別がつく。

葉は羽状に裂け、縁には棘がある。

沖縄の八重山では、トゲを「あざ」と呼ぶことから、「あざぎ」(とげの多い木)と呼ばれ、しだいに「あざみ」になった。

また「アザム」の言葉に由来するという説もある。
「アザム」には「驚きあきれる」とか「興ざめする」の意味があり、花が美しいので手折ろうとするとトゲにさされて痛いので、「驚きあきれ、興ざめする」ということからこの名前がついたらしい

日本では晩春から秋にかけて、どこにいっても何らかのアザミの花を見つけることができる。
いろんな草花の中から抜きんでるように茎を伸ばして、その先々に咲く紫紅色の花は、山野の彩りとして 天がくださったようにさえ思える

ご夫婦の旅行の思い出に描かれたノアザミ
いつまでもお二人の心に残ることでしょうね


0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ