2009/9/11

ハスの花  

クリックすると元のサイズで表示します

いつもお忙しい優子さんがお盆休みに描かれた蓮の花
葉は開くと円形で、水面よりも高く出る葉もある。スイレンは水面より高くはでないのが違いの一つです。
ついでに花の違いはハスは開花から4日目にはらはらと散りますが、スイレンは花びらを散らすことなく閉じたまま水中に没していきます。
優子さんの描かれた巻葉はまた違った趣があり、絵になります。

ハスはハス科の多年性水生植物
蜂の巣状の花挓に果実が実ることからハチス→ハスという名になったと言われています。根の部分は、蓮の根すなわち蓮根(レンコン)で食用にされています。ミツバチ

蓮はいろいろな宗教とのかかわりが深い花です。
泥から生え気高く咲く花、まっすぐに大きく広がり水を弾く凛とした葉の姿が、俗世の欲にまみれず清らかに生きることの象徴のようにとらえられている のはどの宗教でも同じようです。

また死後に極楽浄土に往生し、同じ蓮花の上に生まれ変わって身を託すという思想があり「一蓮托生」という言葉の語源になっている。

大分県にある 国宝「臼杵の石仏」その石仏を見下ろすところに蓮園があります。
これほど蓮の花が似合う土地柄もあまりないように思うのですが・・・
7月下旬から8月中が見ごろですが、初めて訪れた時に、蓮の花ってこんなにも美しい花だったのかと感動したことが
優子さんの絵を見て思いだされました。

0



2009/9/28  13:57

投稿者:美代子

蓮園の田んぼは、私の知り合いが自分家の畑を貸していると、言ってました。すぐ上の家なので、蓮の花見を食事しながらしました。少し奥に、コーヒーが飲める、喫茶店が有りますよ!


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ