電子機器 Junker

電子機器の修理、改造など

 

PCWatch (Impress (RSS))

Game Watch (Impress (RSS))

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

お知らせ

現在管理人のコメント投稿が規制されている のでコメント返信できませんコメントは掲示板側で返信します。 下の検索はあまりヒットしないので 記事のカテゴリから飛んだ方がいいかも。 「このブログを検索」にチェックを 入れると少しヒット率上がる ↓

過去ログ

掲示板

メッセージBOX

天気予報

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:Alexandre Tabajara
Hey Junker, thanks for all the schematics!
Would you have the schematic of the FS-A1F MSX2? Mine has a problem on floppy disk, I'd like to repair but I'm not able to find any schematic for it. Greetings from Brazil!

https://tabajara-labs.blogspot.com
投稿者:bax
You're welcome,
I do not know the PHC-70FD circuit and the internal configuration,but I think so it the circuit configuration is similar the FS-A1WX.
Other people also will have created...
I created the circuit schematic of FS-A1WX be here.
http://green.ap.teacup.com/junker/172.html
投稿者:FRS
Good job! Thank you so much for drawing these schematics.

It would be lovely if you could draw the schematic of the Sanyo PHC-70FD, since there's no service manual for this machine published anywhere.



http://frs.badcoffee.info
投稿者:にが
SYNCは元々VDPから出ていますが、出力インピーダンスが高いらしくHIC上でオペアンプを通して低インピーダンス化しているようです。この時にノイズが発生しており、エンコーダBA7230LSに入っているSYNCもRGB端子から出ているSYNCも実はノイズまみれでした。

試作中のY信号生成回路では、オペアンプから出てきたSYNCをTrで反転させてVRで分圧し、ビデオ用オペアンプでYから減算しています。ノイズは水平同期と一致した縦線として現れており、SYNC分圧のVRを弄るとノイズが動くのでこれがノイズ源と見ています。

このノイズ入りSYNCはエンコーダでのコンポジ信号の生成にも使われていますが、コンポジ画像にこのノイズはほとんど載っていないので内部で何らかのフィルターを通しているのかも知れません。

解決する手法としては、1)VDPのSYNCをオペアンプで綺麗に低インピーダンス化する、2)ノイズ入りSYNCにフィルターを通す、3)LM1881でコンポジ信号からSYNCを取り出す、が考えられますが、3)の手法が手っ取り早いかも知れません。

ちなみにSYNC反転には普通に2SC1815を使いましたが、下記事のようにコンデンサ付加して応答を高速化しているので綺麗に反転できています。

http://www.nahitech.com/nahitafu/mame/mame2/s03.html
投稿者:bax
>今更ですがFMPACの回路図のバグ情報です。
 通知・指摘いただきありがとうございます。修正しました。

>オシロで見るとエンコーダから出ているSYNCにノイズが混ざっており

 SYNCをドライブしている回路のトランジスタもオペアンプ同様にビデオ回路に対応した周波数のを使うといいかも…?
 意外と気が付かないのが、RCAジャックのピンのオス側はケーブル内部の線が断線しやすいのでそういうのが影響していたりして…D端子はそういうところ優れているんだけどな…
投稿者:にが
A1コンポーネント信号ですが、オペアンプを変更したらY信号のエッジがクリアになりました。使ったのは先日RGB-Y/Cコンバータのビデオカードに載っていたEL2044CN(AD847互換)です。ビデオ信号に使われていただけあって丁度良い特性のようです。

エッジはクリアになりましたが、現状Y信号にノイズが混入して画質はかなり荒いです。オシロで見るとエンコーダから出ているSYNCにノイズが混ざっており、これが悪さをしていると見ています。引き続き試行してみます。
投稿者:にが
今更ですがFMPACの回路図のバグ情報です。
オペアンプでアクティブローパスフィルタを構成している部分ですが、抵抗の付き方が不自然だったので調べてみました。オペアンプ1pの接続先です。修正した画像を貼っておきますのでご確認ください。



http://niga2.sytes.net/msx/FMPA.jpg
投稿者:にが
Y信号の生成ですが、SYNCをTrで反転させてVRで分圧してレベル調整し、オペアンプでYから減算したところ一応ソレっぽい波形が出来上がり、絵は出ましたがノイズまみれでエッジもボヤけた状態でした。R-Y,B-Yもビデオアンプでレベルを合わせ、コンポーネント信号っぽいものは引っ張り出しましたが、コンポジより画質が悪いという有様。オペアンプが悪いのか、電源が悪いのかよく分かりません。アナログ回路は難しいですね。
投稿者:にが
A1コンポーネント端子増設ですが、オペアンプの反転増幅回路でYとSYNCを加算してみましたがノイズ乗ってダメです。非反転加算だと、YにSYNC成分が逆流してコンポジに影響が出ます。どうもSYNCに載ったノイズ成分が悪そうなので、ChaNさんの回路を参考にSYNC反転して減算回路でやってみます。

MSXに一々S端子などを増設するのも面倒に感じてきたので、ちょっと寄り道してCXA1645搭載の古いISAバスのビデオカードの必要な部分を切り取ってRGB-Y/Cコンバータの実験をしてみました。基板にサブキャリアのパルスジェネレータを含む必要な回路がそのまま載っていてオトクなのですが、電源投入後2秒程度で絵が出なくなる不具合に悩まされました。オシロで波形を見ると、すべての出力端子から信号が出なくなっており、ICがシャットダウンモードになっているような感じでした。データシートにはシャットダウンモードの記載はありませんでしたが、とりあえず電源の不具合を疑い、ACアダプタを変えたりレギュレータで安定化してみてもダメ。CXA1645の故障を疑ってを張り替えてみてもダメ。コンデンサを全部張り替えてもダメでした。

諸々試行して、MSXのRGB端子のSYNCはACで出力されているのに対し、CXA1645はTTLレベルを要求することが原因と判明しました。Lレベル時にマイナスの電位になっていたのがいけなかったようです。手っ取り早くAC接合のLM1881噛ませてレベル変換したところ安定して絵が出ました。これで初代A1でもS端子で綺麗に絵が出せそうです。
投稿者:bax
>S1985の85pのRESET端子ですが、正論理のようです。リセットICのMN1280はリセット時にLですが、トランジスタで反転させてS1985に入っていますし、S1985データシートでも正論理信号表記でした。

 通知・指摘いただきありがとうございます。修正しました。
 RESETピンはS1985内部でプルアップ抵抗が入っている表記になっていますが、このままではリセットがかかりっぱなしになるので外部で能動的にLowにしろって事なのでしょうか…。
1|2
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ