2014/4/1

社台RHの2歳馬関東馬編  POG2014〜2015情報

社台の関西はオリエンタルアートがいるだけで盛り上がりますが、その反動が関東に・・・。
値段は高い馬も多い社台の関東編。

1億円が1頭。ナカヤマフェスタの全弟になるフェスタジュニーナ 牡(父ステゴ母ディアウィンク 二ノ宮厩舎)。
この牝馬は数年前に社台ファームへ移ってきたんですね。初めて社台RHで募集されています。
ナカヤマフェスタ以来のステイゴールドですし、期待は高いですよね。でも1億円ですか・・。高いな。

8000万円とこれも高額なスモークフリー 牡(父ディープ母スモークンフローリック 戸田厩舎)は、あまりピンとこない血統ですが、半姉にエンプレス杯馬のワイルドフラッパーがいます。
じゃあダート馬なのでは?という疑問も生まれますが、父が違うので芝での活躍を願っての配合だと思いますよ。

久しぶりに社台RHへ戻ってきたのが、キーフォーサクセス 牡(父キンカメ母ダンスパートナー 田中剛厩舎)です。募集価格は5000万。
意外にも2007年産のフェデラリストを最後に産駒は社台RHから離れ、個人馬主やグリーンが持っていたんですよね。
すっかり老け込んでしまった印象ですけど、もう一花咲かせてほしいですね。

最後に、一応人気厩舎で高額なのでランオブラック 牡(父ロブロイ母ラッキーワン 国枝厩舎)に触れておきます。募集価格は6000万。
もし、今の3歳世代にいる良血のロブロイ産駒たちが活躍していたら、この金額は妥当なのかもしれません。
しかし、特に実績の無い母にロブロイを付けて、国枝厩舎だから6000万円・・と言うのは、いささか強引ではなかろうか。
0



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ