共和金型製作所HPへ戻る

2011/9/7

ポータブルDVDプレイヤー  

以前「自分の時間」について書いたときに、2時間くらい時間が取れる時はDVD鑑賞をしていると記したと思います。
自分の部屋にはテレビがないので、いつもポータブルDVDプレイヤーでDVDを見ていたのですが、昨日の夜、DVDプレイヤーが起動しなくなりました。
だいたい週に2日〜3日くらいはDVD鑑賞をしていたのですが、先月くらいから調子が悪く、見ている時に再生が止まったり、ディスクを認識しなかったりといった症状が出ていました。
現在のプレイヤーは二台目で、1年くらい前に購入したものです。
無名メーカーのものですが、画面も9インチと大きく、SDカードやUSBメモリに入れた動画ファイルも再生出来るので、とても重宝していました。
最初の頃は充電して見ていたのですが、半年くらいでバッテリーの消耗が早くなり30分くらいで充電が切れるようになったので、以降はACアダプターを接続したまま使用していました。

昨日は夜9時半くらいから映画のDVDを見ていたのですが、見始めて15分くらいした時に突然電源が落ちました。
「あれ?」と思いスイッチのON、OFFを何度か押したのですが、全然起動しません。
本体を持ち上げて裏返してみると、バッテリーの部分がなんとなく膨らんでいます。
横から見ても、バッテリー部分が膨張していることがよくわかります。
ACアダプターを抜き、本体の熱が冷めるまで10分ほど放置した後、ドライバーで背面のボルトをすべて抜き取り分解してみると、バッテリーが焼き餅のように膨らんで他の部品を圧迫して破損させていました。

ニュースサイトで携帯のバッテリーが爆発したなんて記事を見た事もあるので、もしこのプレイヤーでもそんな事が起こっていたらなんて考えたら、少し怖くなりましたが、とりあえず事故にならず一安心です。

今さらメーカーに問い合わせても仕方が無いので、ネットで色々と検索してみると、過充電によりバッテリーが膨張するという事例は他でもあるみたいですね。
確かに電源ケーブルに半年以上接続したまま使用していましたから、私の使い方も良くなかったのかもしれません。

しばらくはパソコンでDVD鑑賞をしますが、近いうちにAC電源方式のみのポータブルDVDプレイヤーを買いたいと思います。



0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ