共和金型製作所HPへ戻る

2011/9/17

熱暴走  

当社では、13台のパソコンを所有しています。
そのうちの3台は無人加工プログラムの入出力のため、マシニング・センターに接続してあります。

先日、一番古いパソコンの調子が悪いという事なので、中古ですが性能の良いノートパソコンを購入しました。
ところが、無人加工中に突然パソコンがシャットダウンし、無人加工が途中でストップしてしまう事が数回発生してしまいました。

新品ならばメーカーに問い合わせるのですが、中古なので、とりあえずPCデポの「無料診断・スピード修理」を利用する事にしました。
ところが、PCデポの店員が2時間起動したままでもシャットダウンせず、他のチェック項目も特に問題はないとの事でした。
不具合が確認出来ないため、PCデポではこれ以上何も出来ないそうで、仕方なく会社へ戻りました。

では、なんで急にシャットダウンするんだ?と色々調べてみると、どうも熱暴走が原因ではないかと思いつきました。
確かに、電源を入れて5分くらいするとパソコン本体がかなり熱くなります。
他のパソコンと比べても、温度の違いは明らかです。
パソコンを裏返し通気孔を見てみると、ある異常に気が付きました。
冷却ファンが回転していないのです。
これではパソコンが熱暴走を起こしても仕方がありませんね。

メーカーに送って修理してもらうのが正しい選択なのでしょうが、とりあえず、どんな状態なのか見てみようと、分解してみる事に。
ネットで調べると、写真付きで分解手順を記載してあるサイトを見付けました。
その手順通りに進めると、簡単にノートパソコンの内部を開く事が出来ました。

問題の冷却ファンですが、配線が切れているとか、外れているといった様子はありませんが、ファンを手で回してみると、何かがひっかかって回りません。
ドライバーでネジを外してファンを持ち上げると、ホコリのかたまりが見えます。
細い棒をホコリの周辺に突き刺して無理矢理ファンを回してみると、渦巻き状に巻きついたホコリのかたまりがポロっと落ちました。
長年蓄積されたホコリが、2ミリくらいの厚さの帯のようになっていて、それがファンの軸に巻きついていたのです。
これでは冷却ファンが回らないのも無理はありません。

すべて元の状態に戻してパソコンを起動させると見事にファンが回転し、通気孔から涼しい風が吹き出してきました。
これ以降、突然シャットダウンすることもなく、正常作業が出来ています。

皆さんも、このような症状が起こったら、ファンが回転しているか確認してみてください。
もし動いていないならば、今回のようなケースが考えられます。
いきなりメーカーに送らず自分で対処出来るならば、やってみるべきかなと思います。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ