2020/1/19  20:09

昼飲みは酔う  音楽

facebookのコピペでの手抜きにて失礼致します。

昨日のみぞれと裏腹な好天。お昼の散歩がてら浅草のHubに下田卓の昼飲みLIVEへと向かう。
月一で演っている本隊のカンザスシティバンドには行かないでこちらに来るあたりは不義理(汗)。
競馬新聞を見ている下田さんにちょっとお邪魔する。T字路sの伊東妙子と以前に演っていた
シモタエの話をしていたら、今度三ノ輪の泪橋ホールでやるという話があるとの事。
T字路sには人生の応援歌"泪橋"って曲もある。月末の461には不在で行けませんが、
昭和歌謡のシモタエには馳せ参じたいと思ってます。
13:30からギタリストの井上大地とギターデュオで始める。
曲はSpencer Williamsの"Tishomingo Blues"。
そして"On The Sunny Side Of The Street"と続く。MCも快調だ。
再びSpencer Wiilliamsの"I Ain't Got Nobody"、Bessie Smithの"Don't Cry Baby"と歌う。
後者はMadeleine Peyroux版が良かったとす言うあたり分かってらっしゃる。
舘ひろしの"泣かないで"でもあるか。
井上の歌う"Gee Baby Ain't I Good To You"を挟み、"Home"を演ってから
替え歌の"投げ銭を鉢に"と歌って1部は終了。全て戦前Jazz & Bluesの30分。
30分の休憩後、Duke Ellingtonの曲(失念)から始めた。
「楽曲と女房は人のものが良い」ってDukeの発言にうける。
2部は憂歌団の"俺の村では俺も人気者"や原曲の"Trouble In My Mind"とメドレーでの
"嫌んなった"と日本語のカバーも出してきた。
オリジナルもニューオリンズのStoryvilleの話に続いての"レッド・ライト・ストリート"は
吉原遊郭の雰囲気であり、82歳になった緋牡丹のお竜を歌った様な
"緋牡丹おばあちゃん"と洒落てます。下田さんのトークは2部も快調。
井上さんも時々スライド混えて良い感じだった。
まだ何曲か演ったはずだが、本編ラストはオリジナルの"ちょっとそこ行くレイディ"。
馬券買いに行きたい様だが、アンコールに応えてもう1曲と"投げ銭を鉢に"と歌って
一回りして終えた。2部は50分演ってくれました(喜)。
トランペットを吹かない下田さんも良いよ。
1部は千円、2部はスモール・マネーの500円を放り投げておいた。
そこそこ飲み食いしたので今年もお店に優しい男であります。しかし昼間の酒は酔うよ。
下田兄ィの言葉を信じてシモタエを演ってくれるのを待つとしよう。

0

2020/1/19  18:53

明日は今年お初のMM@Bar461  音楽

明日1/20は今年お初のMonday Meeting@Bar461です。
持ち寄った音盤聴きながらの緩い飲み会も年越しがてきました(喜)。
お時間都合の付く方は明日19時以降にお待ちしております。
何かお持ちになればより楽しくなれるかと。語り部も大募集です。

本日、HUB浅草へ下田卓の昼飲みLIVEに行ってるときにiphoneがまたおかしくなった。
たった今リカバリー中。まだ幾つかアプリを戻している最中。古い写真がごそっとない(涙)。
現場で書いていたレヴューも1部は生きているが、2部は思い出しながら書くとします。
0

2020/1/18  18:53

旅行ノート作成終了  旅行

来週の金曜日に欧州へ飛ぶので旅行ノートを作り始めていたが、先ほどやっと終わった。
今週中を目標としていたが、先延ばしにしていて何とか締め切りを守った有様。
前回はスマホが故障したのでこれに助けられた事も少なくない。
書いたものを現地で見るのも有益だが、書くために資料を整理する事も大事なのである。
頭に幾ばくかでも残っていると行動も早くなる。これも一つの保険ですから。
明日は軽く荷造りでも始めようかと思う。足りないものがあれば買い足しますので。
0

2020/1/17  16:00

ステレオのボリュームと片岡義男、そしてコーヒーの香り  

読み残していた片岡義男の短編集「ミッキーは谷中で六時三十分」を読み終えた。
BGMとしてJimmy Webbのピアノインスト「Slipcover」をCDのトレイに乗せる。
ピアノインストなのでといつもより大きな音で鳴らすとこれが良い響き。
今まではスピーカーの能力を十分に発揮していなかったようだ。
我が古きJBLのモニター・スピーカーは清々したように伸びやかに音を出す。
興が乗ったので続いて「One More Time With Feeling/Jack Tempchin」、
「Texas/Rodney Crowell」と大き目の音でかけながら本を読み終えた。
片岡氏のどの小説も音楽が少しずつ入り込んでいるのでリズム的にも好ましい。
ギターが大きくなる曲はちょっとToo Muchだったが、アコースティックなものは
今まで聴こえてなかった音が聴こえる様だ。
集合住宅だが夜でもなし、多少大き目の音を出しても隣近所へも許せるはず。
本は読み終えたが、15時も回ったのでカリタでコーヒーを落とし、
「Begin Again/Norah Jones」を聴きながらロール・ケーキを頬張っている。
小市民的な幸せを感じてます。

1

2020/1/17  11:08

ビルボード横浜のオープニング情報解禁  音楽

4月にオープンとなるビルボード横浜のオープニング・シリーズ・ラインナップが
昨晩発表となった。まずはバート・バカラックから始まるが2万円超と敷居は高い。
しかし横浜の面子を東京でも演るとは良い度胸。価格はどのミュージシャンも
横浜・東京と同料金。バカラックにおいてはカジュアルは東京の方が千円安い。
昔から東京と横浜は商圏が違うと言われてきたが、これは都市伝説なのでは。
まあ、今まで東京へ足を運んでいた浜っ子の人達がどれだけいるのかが問題。
何せ年間営業ですから。そのうち外タレ減らしてクレージーケンバンドなどに
頼るようにならなければ良いが。横浜だけでやって東京の人も集客するようになるのかな?
まずはお手並み拝見。行かずに文句を言うのも良くないので、そのうち足を運ばないとね。
1

2020/1/17  10:36

四半世紀  ニュース

目が覚めてTVのニュースを観ると街が燃えていた。
1995年1月17日、阪神淡路大震災から早いもので25年を迎えた。
以降、日本は震災列島と化し、多くの天災に悩まされてきた。
温暖化がその一因である事は否めず、京都議定書を有名無実にする事は問題だ。
数々の天災で亡くなった方々や、被害を受けた人や街を忘れてはいけない。
そんな大切な日である。被災で今も悩みを抱えている方々に平和な朝が来る事を願って。



1

2020/1/16  0:19

サッカーU23、第三戦は10人で意地の引き分け  スポーツ

東京五輪アジア最終予選グループリーグ敗退の決まっている日本は第三戦も勝利できず。
前半終了間際に田中碧が1発レッドで退場。後半を10人で戦うハンデ戦。
そんな中だが過去2戦に比べ気持ちは入っていて小川のゴールで1点先制したのは見事。
それでもクウェートにPK取られて同点にされたのは残念。
3試合ともVARでPK取られたのはまずいね。これからゴールエリア内で積極的に守備がし難い。
変なトラウマにならない事を祈ります。それでも意地で1-1の引き分けにしてカタールを
グループリーグ敗退と心中させたのは救い。次のW杯開催国なので好きにさせないのは大事だ。
1分け2敗で終わったのは予想外だが、結果は真摯に受け止めて選手選考と戦術に生かしたい。
早くメンバー固めて準備しないと。セルジオ越後がどんな辛辣な戦評を出すのか気になる所だ。
1

2020/1/15  8:50

「カントリー・ミュージック」読了  

宇田師匠監修の「カントリー・ミュージック」をやっと読了。
日本人には馴染みにくいジャンルを過去から現代まで通して書かれた珍しいガイド本。
自分の中でも「どカントリー」は鼻をつまむが、よりプログレ化したものは大好物。
興味深く読ませてもらったので読後感をちょっと細かに綴ってみるとします。

最初の「Artist Pickup」は今の人達から始めてレジェンドへと繋げている。
掘り下げてはいないが、ワタシ的にはお師匠絶賛のKacey Musgravesの良さが分からない。
Taylor Swiftも当初は大ファンだったのだが、Bigに成るにしたがってBon Joviの様になり、
最近はカントリーとは言い難くなって寂しい。引っ越しを機に全放出してサヨナラしました。
レジェンド連中もベスト盤的な聴き方で、70年以前のものは知らないのが本音(汗)。
音盤44打数18安打の.409と結構高打率だった(笑)。

「Contemporary Acts」は90年代以降はアメリカン・ロックのベテラン連中が復権したので
意外と聴いていない。音盤24打数4安打の.167の低打率。お気に入りはDixie Chicks、
Milanda Lambert、Chris Stapleton等か。他を改めて聴くことは、う〜ん無いか?

「Opry Stars & Mainstreamers」は古アーチストは弱い。ワタシの中の「どカントリー」に
入ってしまう。但し70年代以降は愛して止まない人も多い。特にRosanne Cashは敬愛してます。
音盤44打数4安打の.009の更なる低打率。違うベスト盤やオリジナル盤で聴いてる人も
いるという事で自己弁護(汗)。因みにグランド・オール・オーブリーへは2度行ってます。

「Swing,Pop & Roll」は更に弱い。故鈴木カツ御大がSwing系リイシューを進めてくれて
少しかじったが馴染めなかったのが本音。Pop & Rollの範疇のThe Everly Brothersや
Elvis Presleyは好きですが....。Ray Charles入れて来たのはどうなのか?
アメリカ音楽の歴史としてカントリーとブルースの根っこを繋げたかったと理解してます。
音盤21打数1安打の.005と赤面。まあ、前項同様あくまで掲載アルバムですから(汗)。

「Country Rock / Alt. Country」でやっと一息、馴染みのある面子でホッとします(笑)。
この辺がワタシも原点なのか殆ど聴いている。数枚ある未聴盤も聴いてみようと思うし。
若き鍵盤弾きの谷口雄が書いてるアルバム評もオルタナは別としてもThe Byrdsや
Area Code 615は白井師範が書くべきなのではと友人の贔屓目ながら思ってしまう(笑)。
音盤37打数29安打の.784とやはりの高打率。手元から去ったものも結構ありますが(汗)。

「New Visions,Outlaws & Americana」は今やアメリカーナの人のワタシですから。
それでも古めのものはベスト盤等で聴いたふりをしているものが多い。
改めてこの辺りは再度掘り下げる価値はあるのかも。Bobbie Gentryとか聴き始めたのも
恥ずかしながら結構最近ですから。中古アナログ探しの旅は尽きないって所ですか。
音盤59打数34安打の.576とまずまずアメリカーナ・ファンを名乗れそうで一安心。

「Bluegrass & Beyond」はそこそこ聴いてきたなって感じ。80年前後にトリオで
ラウンダーやシュガーヒル等のレーベルを国内発売してくれて目(耳)を開かせてくれた。
昔だったらNew Grass Rivivalのジャンルの壁を軽々と超える勢いに圧倒された。
大好きだったNickel Creekの3人が今も大きな影響を与え続けている事が嬉しい。
ワタシの中でこのチャプターの連中もアメリカーナの括りですから。
音盤35打数12安打の.343と三割打者には成れたか(笑)。

トータルで音盤264打数102安打の.386と堂々の三割打者。自分の傾向も分かった感じ。
この本の中からあと何枚聴くのでしょうか?

Townes Van Zandtの"Pancho & Lefty"が
ワタシの中の金字塔。
大好きなミュージシャン達が歌い継いでくれているのが
凄く嬉しい!








1

2020/1/13  23:43

麗しき夫婦もの  音楽

facebookのコピペでの手抜きにて失礼致します。

晴れ渡る成人の日、3周を終えたオジサンは六本木のビルボードへJason Isbellを観に向かう。
てっきりThe 400 Unitと一緒と思いきや奥方Amanda Shiresとのデュオの様だ。
最初のシスコがAmanda入りのバンド、2回目のロンドンがAmanda抜きのバンドで
今回がデュオ。異なった形態で観るのも良しだが、バンドじゃないと演らない楽曲もあるからね。
まあ、ネイキッドな歌と演奏を楽しむとします。因みにAmandaがメンバーの
The Highwomenは昨年の私的新譜8位と押しであります。
同行のI浜氏と飲んでから会場入り。定時の19:30に二人が出てくる。
アコギとフィドルのアコースティックなデュオ。
最初の曲は分からなかったが"24 Frames"や"Alabama Pines"、"Elephant"等が
次々と聴けたAmandaはフィドルとコーラスで終始加わってくれたが、
1曲彼女のリードボーカルが聴けたのも良かった。
Jasonの歌声は艶があって良かった。新曲も数曲、レディー・ガガ主演の
「スター誕生」の曲も歌ってくれた。
"Traveling Alone"等で二人が見つめあって歌う姿に愛を感じる。
知っているのに曲名が浮かばないもの多数。
ラストは"Cover Me Up"で終えた。アンコール無しの75分、アンコールも演って欲しかったよ。
二人は手を繋いで仲良くステージを降りて行った。沁みました。
「これが最後じゃない」って言葉を信じたい。SSW然とした姿でなくロッカーの姿も
日本の聴衆に見せて欲しいよ。John Hiattの次の世代の信頼できるSSWは彼なのだから。
終演後、知り合いの連中と反省会名目の飲み会。これもまた楽し。

0

2020/1/13  0:12

最悪!グループ・リーグ敗退  スポーツ

オリンピック・アジア最終予選第二戦対シリアも日本は1-2と敗戦。
これで第三戦のカタール戦を待たずにグループ・リーグ敗退決定。話にならない、最低。
前半10分も経たずにPKで失点。相馬の得点で同点にするも後半終了間際に失点。
バックスの対応が悪い。詰めなければいけないのに引いて失点。先制出来ないと辛い。
攻撃も相変わらずシュートが少ない。最後の数分は攻めたけれど遅いよ。
今回の代表は皆失格。やはり五輪では海外組とオーバーエイジ頼みになりそうな感じ。
森保監督の采配に疑問符をつけられてもおかしくない大会になってしまった。黄色信号点灯。
1

2020/1/11  23:10

今年の一発目  音楽

facebookのコピペでの手抜きにて失礼致します。

本日は今年の生音一本目で渋谷7th Floorに見汐麻衣を観に来ました。
with Goodfellasという事でバンドスタイル。数年前に出した「うそつきミシオ」は
シティポップとしてなかなかの好盤だったのでバンドで演るのは楽しみです。
以前観た時はソロだったものですから。
20分押しの19:50に対バンのWool & Pantsが演奏を始める。ギター、ベース、ドラムスの
トリオでゆったりとしたリズムの曲が続く。日本語のボーカルだが、どれも同じ様な曲調で
飲んだビールが効いて眠くなる。興味を引かれる事なく35分で終わった。
25分の転換後、ギター、キーボード、ベース、ドラムスの4人をバックに見汐麻衣が出てくる。
赤黒のワンピースのシックな姿にSGを手にして「うそつきミシオ」からの"男や女"から始めた。
結構彼女はギターを弾く。
"服をぬいで"等同アルバムから結構聴けたのが嬉しい。昨年秋に出した7インチからも
"August Mood"、"さようなら、さよなら"と両面演ったし、
数曲演ったソロ・プロジェクトの知らない曲が意外に良い曲が多かったのも収穫。
途中、ギターを置いてスタンドマイクでも数曲演った。
このイベントは「Hour Connection Vol.2」と名乗っている様に、
いしだあゆみのティン・パン・アレイとの名盤「アワー・コネクション」からも
"バイ・バイ・ジェット"を披露してくれた。
後半になるに従いバックの音圧が上がった。"ロウモーション"はダンサブルで
ノリの良い曲だった。こういう曲こそバンドありきである。ヨカッタ。
ドラムスが叩き過ぎの感は度々あったが、本編ラストの曲では彼女の歌声がバンドの音に
埋没することがあったのは残念だった。まあ、それを差し引いてもバンドスタイルでの
彼女のシティポップは素敵だった。特に裏に流れるキーボードが効いていた。
バンドの誰もコーラスを付けないのは理解に苦しんだものだが。
アンコールはリズムをグッと落としての"1979"。
60分と短めだったが、なかなか楽しい演奏だった。
彼女もまた同バンドでやりたがっていたので次回にも期待です。

今年も速攻レビューは続けていくつもりです。お目汚しですが、お付き合い頂けたら幸いです。

0

2020/1/11  14:06

鏡開き  

掃除を済ませ、御餅の鏡開きを行う。細かくして1.2日乾燥させてレンジでチンさせる。
醤油や塩をまぶしておかきとなって腹を満たしてくれることだろう。

今日は宇田師匠監修の本「カントリー・ミュージック」の発売日。
クオカードの使える浅草ロックスのリブロへ行って購入。これにてミッション完了。
同ビルのダイソーでお皿、Light-Onでセール品(さらに20%off)のセーターとシャツを購入。
古いものは今度の旅行で捨ててきて衣替えも完了か(笑)。
最後にライフ・スーパーで食材買って午前のお勤めはお終い。
午後は少し旅行ノートを書き進めて、夕方には今年一発目のLIVE観戦に渋谷へ向かいます。

クリックすると元のサイズで表示します
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ