2020/8/4  16:44

長〜いお付き合い  映画

facebookのコピペでの手抜きにて失礼致します。

公開が今週の金曜迄なので新宿k's cinemaへ赴き「zk/頭脳警察50 未来への鼓動」を観る。
"落ち葉のささやき"等が休憩中に流れた後で本編開始。知ったエピソードも多いが、
ロシアW杯後の2018年8月にクリミナのヤルタでライヴを演り"7月のムスターファ"を
歌っていたのは知らなかった。PANTAとTOSHIが揃ってこその頭脳警察。
何度となく集合・離散を繰り返して来たが生きている限りは続くことなのか。
"万物流転"はタイトルを含め重要な曲だと思ってます。
エンドロールで新曲"絶景かな"が流れる辺りまだまだ進行中。

「木下君、頭脳警察って知ってる?」「おっ、PANTAね」。
1975年秋の日の同級生M松君との会話。「オレ、レコード欲しいんだけど売ってないんだよ」
「この間、竹ノ塚のレコード屋で見たよ」。放課後に二人でチャリを飛ばして店へ向かい、
M松は「悪たれ小僧」ともう1枚のLPを買った。
M松とは高2の時に同級生になり、彼は音楽に詳しく色々と知らない奴らを教えてくれた。

PANTAはNHKラジオ「若いこだま」を聴いて知っていたが、そんな訳で1976年4月の
日比谷野音のフェスに頭脳警察解散後のソロでPANTAが出演すると聞き
M松と出かけたのである。
近田春夫のハルヲフォンがバックを務めたが、アンコールに応えて
「こいつら下手くそだからもうできる曲ないんだよ」みたいな事を言って同じ曲を演った。
カッコ良かったなPANTA。
オープニングがデビュー前の柳ジョージ&レイニーウッドで、サンハウス、ムーンライダーズ、
ハルヲフォン、コスモス・ファクトリー、帰国が遅くれた内田裕也の代わりに
ムッシュかまやつが出て、トリは前年にキャロルを解散していた内海利勝だったと
記憶している。なんとも時代を感じさせます。
帰りに数寄屋橋のハンターに寄って、M松はジョージ・ハリスンの
「バングラデシュ・コンサート」の中古LPを買った。
ワタシと違って、M松は何故かいつも金を持っていた(笑)。
そのすぐ後にPANTAの1stが出たはず。"マーラーズパーラー"の歌詞は小僧には
まだまだ難解だった(汗)。平田国二郎がプロデュースするフライングドッグ・レーベルの
硬派なバンドが好きだった。

その後もPANTAは結構聴き続けていた。世間を騒がした「KISS」のスウィート路線を
大好きだったレーベル・メイトのT-BIRDをバックに行った1981年の郵貯ホールでのLIVEも
忘れ難い。キーボードの中山努は長くPANTAのサポートを務めてくれた。
すでに石川セリに中村治雄名義で"ムーンライト・サーファー"を提供するなど
ポップな表現の実験は行なっていたはず。厚生年金でのセリのコンサートのアンコールで
井上陽水とPANTAが呼び込まれ、"ムーンライト・サーファー"のコーラスを付けたのも遠い日だ。

数年前に下北沢で再びスウィート路線のLIVEを観れた事にほくそ笑んだものです。
心優しく純な人。但し、今の風貌はイマイチ受け入れ難いんだよな(笑)。
それではユニオンに寄って帰ります。

0

2020/8/3  19:26

長〜いお散歩  

facebookのコピペでの手抜きにて失礼致します。

梅雨も明けたので6月にオープンしていた東京ミズマチまで歩く。
隅田川を言問橋を渡って行くがちょっとショボかった(笑)。
リバーウォークを通って浅草の雷門へ。給水してから一気に御徒町まで更に歩く。
以前に亀さんがインフォしていた湯島の中古屋・東都レコード&ブックスが
7月末にオープンしていた。
中古アナログ3桁が基本のワタシですので、狩猟出来るものは少なかったが、
ストックは興味の範囲のモノが多かった。
アナログとCD以外にカルチャー的な本が結構あるのが何より嬉しい。
御祝儀代わりに「KYLYN LIVE/渡辺香津美」2枚組千円、
「僕の読書感想文/近田春夫」900円を購入。
上野の映画館から近いのでまた映画を観た時にでも寄ってみよう。
散歩には長すぎる約3時間・14,858歩。
シャワー浴びてメシにします(笑)。

0

2020/8/3  11:26

マウスピース  

「歯ぎしりして前歯が欠けている」と言わても寝ている時の事は分かりません。
型取りしたマウスピースが出来たので歯医者へ取りに行く。
ピッタリと装着感は良い。寝る前に着けてねと。メンテは水洗いで良いらしい。
但し、消耗品らしく穴が開いたら好感してねとの事。すっかり鴨ネギ状態か(笑)。
3千円ほど払って帰ってまいりました。長持ちを祈るばかりです。
0

2020/8/2  17:01

まあまあか....  

下北沢ユニオンで中古で買った書籍「音楽家 村井邦彦の時代/松木直也」を読了。
以前に村井氏の「LA日記」を読んでいたので、第三者の視点での確認作業の様なものだった。
内容的にはまあまあか。アルファ・アメリカが金を垂れ流したのが凋落の始め。
それでも常に海外を意識し、YMOを海外進出させた功績は消えるものではない。
今でもLAに住み続けている所を見ると、村井氏の人生は楽しいものであるに違いない。
それにしても2015年のアルファミュージックライブは楽しいイベントだった。
こういった文章を読むよりも、あのライブを体験した方がアルファと村井氏を理解できると思う。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2020/8/2  0:09

古希  音楽

facebookのコピペでの手抜きにて失礼致します。

本日、家から徒歩5分程のなってるハウスへ渡辺勝を観に行って来た。
この日が70歳の誕生日。
5分押しの18:05にマサル氏はピアノを叩きながら始めた。以降もピアノとギターを横断し、
相棒の松倉如子も随所に加わり進む。所謂、おまつとまさる氏ね。
如子さん、天然の人だがMCなどには大人になった感じも伺えた。
この日は夏らしく浴衣を纏っていた。1部では大作の"君をウーと呼ぶ"に惹かれた。
"あなたの船"も沁みたな。2部の曲も少し演ってしまった様で1部は50分。
休憩中に出町さんが今日挙げていたアーリーの"鐘の鳴る丘まちぼうけ"
シングル盤フライヤーの画像をマサル氏に見せたが反応はイマイチ。
アプローチが下手だったか、スマン出町さん(涙)。
元HFCの洋平さんが「マサルに会いたい」って言ってましたよなんて話をして席へ戻る。
10分の休憩後2部開始。2部は殆どおまつとまさる氏だった。
1曲マサル氏がスライドを弾く曲もあったが、"いつも一緒に"等が聴けた。
アンコール的に"八木節"、そして聴き慣れたイントロは"僕の倖せ"。
但し、これが全編如子さんの歌唱だったのにはビックリ。二人の絆は深い。
はちみつぱいで慶一が歌おうともこの曲はマサルの歌と思っていた。
従って如子さんが歌ってもマサルの歌にかわりはないと思った次第。
ラストはソロでの"僕の家"で締めた。生んでくれた親への感謝を込めて。2部は40分。
"夜は静か通り静か"も"東京"も聴けなかったが、リスナーのエゴは捨てて
マサル氏の古希を祝おう。如子さんに100歳まで生きると無理やり約束されていた。
凸凹だが良いコンビだな(笑)。
ビール2杯飲んでチャージ込みで3千円。お店に優しい男としては低調な夜。
アカン……もっと金落とさんと(汗)。

0

2020/8/1  13:41

何と  音楽

数日前に尾崎亜美の中古アナログ盤をヤフオク落札して聴いていると書いたのだが、
偶然にも昨日イープラスから彼女のLIVE告知メールが来た。
先行予約等は終わっていたようだが、一般販売が今日8/1に始まるとある。
チェックするとバックバンドの中に小原礼以外に林立夫と鈴木茂の名前もある。
3人はSkyeというバンドを組んでいたはず。旦那の口利きもあるかもしれないが、
良いメンツが揃った。後はギター、キーボード、コーラス等も加わるようだ。
昨日の今日で良いチャンスと思い、歯医者の帰りにファミリーマートで購入。8,610円也。
会場は六本木のEX Theater。コロナ禍の間引き席だろうが真ん中より少し後ろ辺り。
当日までに少し聴き込んどくとします。楽しみ〜!

0

2020/8/1  13:37

やっと....  

今朝歯医者へ行ってインプラントの義歯を入れてもらった。
最初に歯が欠けて行ったのは昨年の暮れだった。思えば随分とかかったものだ。
まだしっくりこない感じもするが、やっと左でもものが噛めるようになった。
まだもう少し生きるのだろうから歯は大事にしないと。取り敢えず落ち着いた。
0

2020/8/1  11:05

LIVEに行こうよ!  音楽

今日から8月、やっと梅雨が明けそうです。
平時に戻る方向へ進んでいるかと思いきや、ここに来てのコロナ感染者の大増員。
今更経済を止められないようで、この先どうなるのか心配です。
エンタメも停滞どころか後退しなければ良いのですが。お店のサポートで今月は3件出動予定。


★渡辺勝 8/1@なってるハウス チャージ 2,000円

クリックすると元のサイズで表示します

直近のなってるハウスで久しぶりの渡辺勝。この日で70歳との事。松倉如子が共演。


★Orange Pekoe 8/8@ビルボード東京 テーブルR指定席 6,900円

クリックすると元のサイズで表示します

同日にGokiさんのJBカバーライヴもあるが、あちらは10人限定なので人に席を譲り、
飲食を含めビルボードのサポートを行う。Orange Pekoeはお初で楽しみです。


★Gofish/Hope & McCullers 8/9@なってるハウス チャージ 3,000円

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

再びなってるハウスへ。2バンドともお初だがメンツが面白そうなので行ってみる事に。
15席なのですぐに売り切れ、昼の追加公演で。散歩がてらでそれもまた良し。


外タレはまだまだ夢の先。ドメスからじわじわと場数を増やしていく事が今は大切。
0

2020/7/31  16:54

ヘビメタ連荘  映画

facebookのコピペでの手抜きにて失礼致します。

7月も今日で終わりです。
再びキネカ大森に赴き「ヘヴィ・トリップ 俺たち崖っぷち北欧メタル!」と
「スパイナル・タップ」のヘビメタ映画の2本立てを観る。後者は名作の誉高い作品。
前者も昨年公開なので2本共今年のベスト5(10)からは当然ながら選外です。
前者のおバカなお話に対し、後者は架空バンドの全米ツアー・ドキュメンタリーとして
いかにもありそうなお話でなかなか魅せる。
ツアー中のドタバタ、マネージャーやメンバーのイザコザによる離脱と再結成等々盛り沢山。
日本のチャートに入ったので急遽ドラマー用意して再結成JAPANツアーを組むのも
笑かしてくれる。初見だったが、なかなかの名(迷)作。
肩のこらない娯楽作2本。爆音の中で少し居眠りの時間も。さあ、帰ります。





0

2020/7/30  13:11

あくまで擁護派  スポーツ

TOKYO2020運営事務局から延期になった場合のボランティア参加の意思確認メールが来た。
今年ならできるが、来年ならできない人ももちろんいるはず。学生から社会人になる人とか。
もちろんワタシは五輪&パラリンピックの擁護派なので来年の日程も空けておく。継続参加です。
不足の人材は有償に成ったとしても補完しないといけなくなるのだろう。
但し、来年開催されるかは相変わらず霧の中だろう。
ワクチンの開発が進んでいるという噂も出ているが、できて尚且つ数量も必要となる。
なんとか間に合って欲しいと願うが、これは分からない。決まった事には従います。
世間の人はパラリンピックの認識はいまだ薄いのだろうが、健常者以上に彼らは深刻だ。
補助者を付けなければいけない競技者もいるし、当然感染のリスクも健常者より高い人が多い。
人に対して厳しいワタシであるが、パラリンピックを通して少しは優しい人に成りたい。
しかし、こう毎日感染者が増えると嫌になるな。負けちゃいけません!
0

2020/7/30  9:36

亜美さん.....  音楽

ヤフオクでアナログ盤を落札するようになってから、ちょっと引っ掛かる安価な盤に手を染める。
最近落札した2枚組550円の尾崎亜美「ハート・ボックス」がなかなか素敵。
東芝エクスプレス時代の初期のベスト盤だが、A&Mのソフト・ロックの様でさえある。
柔らかいメロディと歌が良い。2009年のベストと楽曲提供した歌とのCD2枚組を所有しているが、
久しぶりに聴くとそのポップさが今の自分には妙にハマる。
これはもう少し聴いてみようと、オリジナル盤4枚セットを377円で落札。昨日届いた。
東芝時代の「ストップ・モーション」「Little Fantasy」とポニー・キャニオン時代の
「Plastic Garden」「10番目のミュー」。松田聖子に提供した"天使のウィンク"の
作者版もたまらない。
盤がチリチリ言うので盤洗浄した方がよさそうだが、安価なポップ盤は暫く楽しめそうです。
最近も旦那の小原礼と積極的にLIVE活動をしている彼女、コロナが落ち着いたら
一度生音を聴きに行きたいと思わせてくれる。ベテランのポップ職人です。

※カキコしている時に緊急地震速報が鳴ったが誤報だった模様。震度4と出て身構えたよ。

0

2020/7/29  10:47

もはや異常気象  

今月の東京は29日の内で1日しか雨の降らない日は無いらしい。
もはや梅雨明けは8月にずれ込むことは確実。それでも地方は川の氾濫等でもっと大変です。
蒸し暑い中を避難所でコロナに注意しながら居る事は大変辛いものとお察し致します。
しかしコロナ感染者が昨日は最高人数に達するなどおかしいぜ世の中。
こんなにマスクをして手洗いうがいを欠かさないのに感染者が増加するとは。
そんなに世の中には菌が蔓延しているのか。夏の暑さで菌が死ぬってのはデマなのか。
まだ35℃近くの猛暑にならない毎日ではあるが。段々と都知事の会見も元気がなくなっている。
買い物は三日に一度とか、再び徹底した方が良い気もする。ワタシは大体三日に一度です。

今朝は掃除して、雨が止んでいるうちにとスーパーへマイバッグ持って買い物に行ってきた。
今晩はとろろ鉄火丼と肉じゃが、味噌汁の予定です。きんぴらごぼうも作るかもしれない。
午後は週末に録画しておいたバットマン・シリーズの続きでも観るとしよう。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ