2011/7/31  7:22

相変わらず追い風の日本サッカー界  スポーツ

2014年のサッカー・ブラジルW杯のアジア最終予選の組み合わせが決まった。
シードの日本はウズベキスタン、シリア、北朝鮮とC組に入るが、五輪組と同様
組み合わせに恵まれた感は強い。ホーム&アウェーですので中東がシリア1ヶ国というのは
助かるし、他の中東勢よりも力は劣ると見ている。韓国なんて他の3ヶ国はみな中東勢(笑)。
北朝鮮とはドイツW杯予選の時、ラフプレーでアウェー戦がバンコクでの無観客試合となり
本選出場を決めたことを思い出す。今度は平壌へ行かなきゃならないのが不気味です。
ライバルはウズベキスタンになるのかもしれない。いずれにしてもホーム戦をしっかり勝ち
アウェーで引き分け以上の成績を収めて行けば、まずは日本の本選出場は固かろう。
準備不足のザック・ジャパンに取っては、まずは追い風と言える組み合わせになった。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ