2011/10/22  21:11

巨人シーズン最終戦  スポーツ

既に順位も決まったレギュラーシーズン最終戦ではあるが、見所も多く面白い試合であった。
澤村の先発にはビックリしたが、200イニング投球させて内海に勝ちをつける二兎狙い。
澤村はちょっきり200イニングを達成したが、村田に2発を浴びて防御率1点台を守れなかった。
しかし外角低めの速球をライトスタンドに運ぶ村田は凄い。プロの凄みを感じる打席だったし
本塁打を20本に持っていく執念も凄い。それは巨人の阿部にも通じる。阿部も20本に達した。
1点負けていた9回に、マートンとの首位打者争いで温存していた長野が代打逆転満塁本塁打で
内海に最多勝をプレゼントできるという巨人ファンに最良の終わり方。長野も犠飛でも打率が
下がらない場面に出せたとは何ともついてました。来週からCSも始まるが、今しばらく
野球も楽しめそうである。

0



2011/10/23  1:33

投稿者:キーノ

御世話様でした(爆)。
そうか、長野は同郷でしたか。
ホームランの出にくい今年、花火4発はプロらしかった。
特に村田のライトへの2発は澤村へのプロの洗礼ですね。
これを糧に彼も一層飛躍するのでは。しかし村田はFAみたいですね。

2011/10/23  0:34

投稿者:ともなが

われわれ九州男児、野球部obは最後に立ち上がって怒りまくって帰りました。「長野!わりゃ!何ばしよっとか!おまえは佐賀の人間やろが!」
3塁側もすべて巨人ファン、後ろの席のオバハンから「何よあなたたち」とか言われながら立ち去りました。キーノさんに義理を果たすべくミートシティで飲み直して帰ったクサ、、あ〜はがいかった(悔しかった)、、、

http://www.tomonaga-clinic.com/

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ