2012/8/17  22:35

ビーチボーイズ祭り  音楽

行ってきました幕張へ昨日。QVCマリーン・フィールドは駅から遠かった。やはり東京ドームは
足の便がいい(爆)。おまけに暑い。ゲートへ向かい歩いて行くとヒデマキのお二人とバッタリ。
後でスタンドの売店でビール飲んで帰る時にも又バッタリ。いゃ奇遇でありました。
ヤフオクで落札したチケットだけど、これが良い席だった。真ん中の6列目で良く見えました。
久しぶりに先行で買ったと思い手数料分500円onしたけれど、その価値あったね。

定刻の16:30になると星野源が出てくる。ベースとドラムスを従え、ギターを持って歌いだす。
客席がまだまばらな中、淡々と歌う。MCからは「暗い曲ばかりでスミマセン」なんて声も出る。
3曲目になるとペダル・スティールの高田蓮も加わる。そしてそれからも3人のホーンも加わり
結構厚みのある音になるが、源ちゃんは相変わらず淡々と歌っていた。「唯のファンなのに
呼んでもらいました。「Smile」の豪華BOX買いましたよ。」なんて、自虐的なMCは受けたのか?
人柄の良さが出たステージだが、何で呼ばれたのでしょう。35分やって、メンバー紹介もせずに
舞台を下りた。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

舞台転換があり17:30になるとAmericaが出てきた。結構好きなのよ彼ら。最後に見たのは
On-Air Westだったでしょうか。Dewey BunnellとGerry Beckleyにベース、ドラムス、ギターが
加わる。バックの連中も長い付き合いらしく、まとまっていた。Deweyメインの"Tin Man"に始まり
"You Can Do Magic""Don't Cross The River""Daisy Jane""I Need You"とベスト的選曲。
そして心地良いイントロのギターが鳴ると、前席のオバちゃんが飛び上がって立ち上がった。
"Ventura Highway"は心地良く響く。どうもワタシはGerryのAOR的なボーカル曲よりもRockノリの
Deweyのボーカル曲の方が好みのようだ。それからも初期のH頭のアルバム曲が続いた。
最新作のカバーアルバムからはママパパの"California Dreamin'"も演奏され、さらにビックリは
次の曲ではChristopher Crossがゲストで現れた。彼氏メインで"Lonely People"が歌われた 。
これって元メンバーのDan Peekがメイン・ボーカルの曲。昨年亡くなった彼を偲んでの意味合いも
あったのでしょうかね。Christopher Crossはこれ1曲でさがったのだが、この為に来たのか?
そしてこの日もっともRock度の高かった"Sandman"に続いたのが、"Sister Golden Hair"。
この曲好きなのよね。イントロ聴くと、杉田二郎の"男どうし"とかぶっちゃうのだが(笑)。
つい口ずさんでしまいましたわ。ラストは"A Horse With No Name"。この曲ではGerryが
アコギではなくリッケンパッカーを弾いていた。真にアメリカらしいステージで、すっかり
満足してしまいました。55分だけどヨカッタ。Billboard東京にでもまた来て欲しいです。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

気がつけば夕闇も迫っており、会場も多くの人が埋めている。それでもスタンドの上の段は
使っていないのだから、若い人を集める所まではいってはいないのだろう。
19時になるとバックのメンバーが出てくる。BrianのバンドがメインでMike&Bruceのバンドの
選抜メンバーが加わった感じ。クリマンのHPには10人のバックとなっていたが、9人だったような
気がしたのですが。Jeffrey Foskettの紹介でBBの5人が出てくる。但し、David Marksって
ワタシにはビーチボーイズって感じはしないのよね。やっぱAl Jardineでしょ。"Do It Again"
からスタートし、MCもなくたたみかけて行く。曲も短めでジュークボックスで連続プレイ
されているような感じだった。バックの連中も含め、コーラス・ハーモニーが素晴らしい。
若い連中が70歳の爺様達のほころびを見事に押し隠す。まあ、長い間付き合っているし、
このツアーも随分と回数を重ねているからね。ハリウッドボウルのもの凄いレビューを見ると
2部でなく1部100分というコンパクトサイズは、少し残念だった。そんな具合でBruce持ちネタの
"Disney Girls"がはしょられたのは残念至極。Marksは別としてBruceのメイン曲なしは寂しい。
"In My Room"もやらなかったね。それでも個人的にはAlの歌う"Cotton Fields"は良かったし、
"Sail on, Sailor"にも感激した。そして"Heroes and Villains"においては完結した感じがした。
Mikeは相変わらずのお気楽ノリで元気一杯だったし、Brianも頑張って歌っていた。多分に
Jeffreyに助けられていた感じもするが、OKでしょ。しかしベース弾く元気はなかったか。
亡くなったDennisとCarlに捧げた"Forever"と"God Only Knows"には分かっていながらも、
スクリーンを見ながら泣きたくなった。映像の使い方は終始上手かったな。アンコールの
"Kokomo"では再びChristopher Crossが現れ、Mikeとボーカルを分かち合った。Mikeが
「彼は広島で歌うんだ」って言ってたが、どうやら広島でのピース・コンサートに呼ばれての
来日だったみたいだ。優しい声の持ち主だけに、源ちゃんよりはハマったゲストでしたね(笑)。
その後の"Barbara Ann""Fun, Fun, Fun"ではAmericaの二人も参加してフィナーレを飾った。
時間の短さは別として、ビーチボーイズらしいビーチボーイズが見れて、個人的には満足です。
9月にはWOWOWで放送があるらしいが、100分なので是非とも完全放送して欲しいものです。
しかし、帰りの道のりを含め、疲れ切ってしまいましたよワタシ!!
2



2012/8/20  22:48

投稿者:キーノ

>TOMOさん
 もっと早く来ればよかったのに。アメリカもヨカッタすよ!

>ふたちゃん
 お久です。え〜 大阪と名古屋へも行ったの。
 年よりだからエンジンかかるの遅いのかな(笑)。
 ワタシは席が良かったので千葉でも満足度高かったですよ。

2012/8/20  22:25

投稿者:ふたちゃぁん

クリストファー・クロスは8/18(金)に広島で広島交響楽団との共演が予定されていました。そのついででゲスト出演だったのでしょう。

ちなみに、大阪、名古屋がさらに充実した内容だったことをここに書いておきましょう。

2012/8/20  0:13

投稿者:ともなが

私も次男坊連れて急遽参戦しましたよ!アメリカのおしりに到着。Beach Boys良かったですよね。スマ浜やるのかと思ったけど、、

http://www.tomonaga-clinic.com/

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ