2012/9/11  21:53

ホームでは勝ち点3を取ることが大事  スポーツ

本日、ブラジルW杯予選対イラク戦、1-0の辛勝だがホームでは勝ち点3を取ることが全て。
内容は二の次です。ボールの支配は断然日本だが、ボールの出し所を押さえられ、逆に
カウンターでゴールを何度か脅かされた前半。川島の好セーブがあるようでは試合の
出来は悪い。それでもスローインから岡崎の折り返しから前田のヘッド一閃。結局はこれが
唯一の得点だった。香川が故障らしくベンチにも入らない波乱の出足だったが、清武と岡崎は
そんな中で機能していた。まあこれからも香川や本田が出られない試合もあろうから、良い
シュミレーションになったのでは。この試合ではCBで既にレギュラー不在のシュミレーションも
積んでいる。これからはアウェーの試合が続くが、これを引き分けで切り抜けるタフさを
付けることが次の課題か。そしてサブの底上げもザッケローニはして行かなければならない筈。
今後五輪世代や宮市をどのように使っていくかが見ものです。取りあえずこれで勝ち点10と
なり、W杯へ向けて順風満帆です。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ