2012/10/24  23:09

素敵な本屋さんにて  

ネットサーフィンをしていて、大貫妙子が「音楽と旅」というテーマでトークショウをするのを
キャッチした。無料招待制ということで申し込んでいたところ、当選したらしく本日代官山の
蔦屋書店へ見に行ってきた。無料とうたっておきながら、受付時に会場内での飲料を
強要されたのには、少し興ざめ。おまけにビール1杯が千円は高いんでないかい(怒)。
大貫さんが書いた「ライオンは寝ている」という本を持っている。内容は忘れているが、
ガラパゴス諸島、南極大陸、アフリカなどの旅を綴ったものである。まさにワタシにピッタリ。

クリックすると元のサイズで表示します

本編でもアフリカと南極の話が主だったが、相変わらず男前なはっきりとした物言いに感心する。
ナビゲータの女性とは旧知の間らしく、時々オバちゃん的発言もあったが、まあそれなりの
御年ですからネ。3.11以降ローテーション的な仕事のやり方はしていないらしいが、いまだに
「ロマンチック」という点にこだわりをもっているようだ。ハイソで高尚なポジションは維持して
いって欲しいと思ってます。何だかんだ最近も年1くらいでライヴ見てる人ですから。
時間が足りなくて、持参した旅の土産物や本等も少ししか見せられなくて残念そうでした。
「旅に出ると古本屋へまず行きます」って言ってたな。これには同意するところもありますね。
音楽もかけずに、1時間以上話しっぱなしだった。好きな話はいくらでもできるってことですか。
配布された冊子(パンフレット)には鋤田正義の写真と文等、タダの割には丁寧な作りでした。
しかし何よりの発見は、会場の蔦屋書店の素晴らしさ。カルチャーやトラベルなどの本が
一杯で、建物の作りも普通の本屋とは一線を画したスペースとなっている。帰りがけに
チラっと見ただけだが、ここは日を改めて一回来てみる価値はありそうです。無料イベントに
すっかりはめられたってことでしょうか(爆)。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ