2013/4/7  21:31

全てが見所  音楽

二日酔いの午後、だいぶ前に届いていながら未視聴のままで積んであった「Love For Levon」の
封を切る。Blu-Ray2枚+CD2枚。本編はBlu-Ray1枚に160分程のLIVE映像が収められているが、
これが全て素晴らしい。メンツ的には何故にRoger Watersがいるのかは分からないが(笑)。
カントリー系のDierks BentleyとEric Churchは馴染みはないが、他は妥当な顔ぶれか。
Robbie Robertsonは家族から出演を拒否されていたので、The Bandの残党としてはGarthと
再編時のギタリストJim Weiderが参加している。Larry Campbellを中心とした2組の
ハウス・バンドにゲストが参加して所縁の曲を熱唱して行く。Marc Cohnだけは、この日の為に
作ったのか"Listening To Levon"ちゅうのを歌っている。娘Amyと一緒にバック・ボーカルを
勤めるTeresa Williamsのサポートにも心魅かれた。どれも素晴らしいがワタシの一押しは
David Bromberg & Joan Osborneの"Don't Do It"か。Joan姉さんのクロっぽい歌好きです。
そして全身全霊歌手のRay LaMontagneの"Tears Of Rage"も痺れる。アンコールでの舞台に
乗り切れないほどの出演者全員での"The Weight"は泣きそうになる。Mavis Staplesがそこに
居る事もうれしい。しかしGregg AllmanがWillie Nelsonそっくりになっちゃったのには
ビックリしたな(爆)。2枚目のインタビューは字幕がないので少し厳しい。CDは映像無しの
曲数も同じ物のようですね。いずにしてもこの手のファンは必見です。

クリックすると元のサイズで表示します
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ