2013/5/15  20:12

Jリーグの20年  スポーツ

ベルディとマリノスでスタートしたJリーグも早くも20年経ったというから驚きである。
バブルは既に終わっていたが、Jリーグ当初はどの試合も満員のバブル状態だったことを
思い出す。それから下降線をたどり、横浜フリューゲルズの解散とマリノスへの吸収という
辛い事も味わった。そのフリューゲルスでゴールを守っていた楢崎が今もグランパスの
レギュラーとしてJ1最多出場を迎えたことは感慨深い。出ると負けだったW杯への道も、
フランスでの初出場以来四回連続となり、来年のブラジル行ももはや当確。アジアの盟主
として君臨する日が来るとは思いませんでした。これもJリーグ発足によるプロ化の功績。
今やマンUやインテルで活躍する選手も輩出している。外国人選手も沢山やって来たが、
ワタシの1は磐田に来たドゥンガだ。まさかセレソンの現役キャプテンが来てくれるとは
思わなんだ。彼の厳しい態度で磐田は黄金時代を築いたと思ってます。その後南アW杯では
ブラジルの監督を務めたが、残念な結果に終わっている。ザッケローニでなくこの人に
ワタシは日本代表監督を務めて欲しかった。次の代表監督には候補に挙がって欲しい人です。

サッカーで言えば、先週末の試合でチェルシーのランパードがチームの歴代得点記録を
更新した。MFで200以上を記録、それもプレミアリーグだけに恐れ入る。日本で言えば
MFで100点以上を上げた藤田俊哉みたいなものですか。しかしレベルも得点数も桁違いの
スケール。同時期の得点の取れるMFとしてはリバプールのジェラードがいるが、個人的には
ランパードが好き。はっきり言ってファンです。数年前にスタンフォード・ブリッジで
トットナムとの試合を見た。今年で契約切れで移籍の噂がもっぱらだったが、終盤の好調さと
ファンの声の賜物か、1年の契約延長の噂が出ている。やはり彼には青いユニフォームが
似合います。是非来年もチェルシーでね。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ