2013/5/19  7:28

ど真ん中のストライクざんす  音楽

昨日はリバティ・アカデミーに参加してから、皆さんと一杯飲んでから中座、渋谷へ向かう。
gee-geと言うお初の店で、真城めぐみ/うつみようこ/伊東ミキオというジョイント・ライヴ。
ミッキーは甲田伸太郎というテナー・サックスを引き連れ、ほぼでずっぱり。真城さんは
パーカッション、ようこさんは時たまアコギを弾くが、ほぼ演奏はミッキーだのみ。
ミッキーのオリジナルで始まった。彼がメインの歌を聴くのも初めてだが、ピアノの弾き語りで
快活に歌うが、これがなかなか良い。途中から加わったサックスもイイ感じでサポートしてた。
体が温まったあたりで真城姉さん登場。この日はソロなのでヒックスビルのオリジナルは
歌わずに洋楽カバーや小坂忠の"ほうろう"何かを歌っていた。次に出たうつみさんは関西弁の
MCでもっと砕けてカバーを歌い倒していた。帰国子女だけに英語のカバーはお手のもの。
"Piano Man""Desperado"、RCの"スローバラード"や真城さん(同い年らしい)とのピンクレディー
"UFO"とど真ん中のストライクを投げ続けられる。バックの二人もはっぱをかけられながらも
楽しそうに演奏していた。ラストの"それはスポットライトではない" 」(It's Not the Spotlight)
まで、あっという間の125分。何かこういうの好き。ある程度年行ったミュージシャンは皆
好きで洋楽聴いていたはずだからね。また一緒にやって欲しいものです。

0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ