2014/4/19  21:36

4/14 Perth最終日  旅日記

奇跡的にモーニング・コール直前の6:30に目が覚めた。足は何ともなくてホッとする。
定番のコンビニ・サンドウィッチを牛乳で流し込む。7:10になると向かいのホテルの前へ行き
ツアー・バスを待つ。予定の7:20を10分程遅れてバスが到着。どうやらフェリー乗り場の前で
バスを乗換えるらしい。しかしここでもしばらく待たされるはめになる。やって来たバスは4WD。
日本語ツアーの人達と相乗りのようだ。しかしこの日のツアーは満席らしく、何故かワタシは
助手席に座らされる羽目に。「ナビはできないよ」とは言っときました(笑)。しかし視界良好で
なかなかの役得である。まぁ時々うとうとして、やりにくい相手だったとは思いますが。
暫く走り、最初の訪問地はワイルドライフ・パーク。平たく言えば動物園ですね。カンガルーに
餌付けしたり、ウォンバットと写真撮ったり、コアラを見たりとオージー気分満載。定番ですが
結構楽しいのよね。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

動物園を後にバスは北へ走り続ける。途中、トイレ・ストップを挟みながら昼過ぎにロブスター
工場へ到着。ここでの昼食はアップ・グレードしてロブスター・ランチを食する。半身だが
ボイルしたやつは美味だった。しかし工場のビデオで見た紹介ビデオでは小さいロブスターは
海に帰していたが、食べたやつは結構小さかったような気がしたよ(笑)。裏手のビーチは
きらきら光り輝いて綺麗だったな。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

走り続けやっとピナクルズの奇岩に到着。砂漠の中から岩がニョキニョキ出てるのが不思議。
映画「砂の惑星」はたまた「スターウォーズ」かのような風景に圧倒される。こういうのを
体験できるのが旅の醍醐味だ。1時間余りウロウロしながら見ていた。飽きない風景でした。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

ラスト・ストップは砂丘です。ここが4WDの見せ所とばかりに疾走する。これがスリリングで
楽しい一時でした。その後はボードでの砂丘すべり。せっかくだから靴脱いで、参加しましたが
結構スピード感じましたね。若干、砂もかぶったので1回で止めときましたわ。これでツアーも
終了。バスは一路パースを目指すのでした。

クリックすると元のサイズで表示します

時間が押したこともあり、夜のBoz Scaggs公演に間に合わないといけないので、公演先の
ホテルで降ろしてもらおうと思ったのが大間違い。てっきりCrown Plazaだと思っていたら
それは違うホテルだったらしく別な所で降ろされるはめに。少し青ざめたが、初日にルート
確認しておいたので、マクルバー駅から電車に乗ってなんとかメインのBozには間に合った。
前座が誰なのかは知らないが居てくれてありがとう。少し時間があったのでMacで速攻夕食。
しかしビッグ・マックのバリューセットが900円とは物価高を感じます。てな訳でカジノを
横目で見ながらCrown Theatreへ到着。21:05にBozが出てくる。ギター、キーボード二人、
ベース、ドラムスをバックに「Memphis」からのカバー曲と自分のヒット曲を半分位演奏した。
しかしこの人も変わらない。声も艶っぽくて素敵です。そしてギターを思いの外弾いたな。
"Rainy Night In Georgia"は特に素晴らしかった。Georgia繋がりで言えば"Georgia"も
演奏された。これって缶コーヒーのCMソングになってましたよね。余裕の100分、欲を言えば
"We're All Alone"も聴きたかった。しかし綺麗な劇場でした。2階だったけどね。

クリックすると元のサイズで表示します

終演後、来るときにバーズウッド駅から乗ったシャトルを待つが一向に来ない。業を煮やし
タクシーでホテルに帰る。「この物価高の国で幾ら取られるんだ」とびくついたが、1,200円
程度と許せる値段。この国はチップがないのが嬉しい。昨晩と同じ23;30頃に帰ってきた。
これで予定も完了。心地よい疲労感を感じながら、翌早朝来た時と逆ルートで帰宅した。
既に日にちが替わった4/16の00:30に成ろうとしていた。嗚呼、お腹一杯(爆)。

おしまい
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ