2014/9/18  18:38

ギャンブル映画の最高峰  映画

スティーヴ・マックィーン主演の「シンシナティ・キッド」をDVDで見ていた。
久しぶりに見たが、ポール・ニューマンの「ハスラー」と共にギャンブル映画としては
最高峰だろう。スタッド・ポーカーの名手が老練なギャンブラーに挑んで敗れる話だが、
細かい描写が上手過ぎる。舞台がニューオリンズなので、最初の葬送のシーンからして
マーチング・バンドが出てくる辺りが音楽好きとしてはたまらない。クロージング・
テーマもレイ・チャールズが歌ってるし、脇役としてキャヴ・キャロウェイも出ている。
相手役の老ギャンブラーのエドワード・G・ロビンソンの目の演技がなにより凄い。
他にもカール・マルデンやアン・マーグレットとハマり役だ。マックィーンを上手い役者
とは思わないのだが、ここでの演技は素晴らしい。久しぶりに「ハスラー」も見ようかな。

クリックすると元のサイズで表示します
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ