2014/12/29  1:00

2014年ベスト10 −再発・発掘編−  ベスト10

黒白混合で安価なリイシューが進んだ年ではあるが、新・名盤探検隊の発売アイテムに
日本初・世界初の文字が少ないのが不満です。若年層の掘り起こしは理解できますが
オヤジ達の欲求にも応えてお初モノも混ぜて欲しいと強く希望します。レコード会社は
オヤジ達に高額商品を売りつけて儲けようとする臭いがプンプンする。
確かに新作よりもオマケの付いたDX盤の方に惹かれるのも事実。弱み握られてますが、
1万円越えはまだまた敷居が高いと感じているのは、ワタシだけではあるまい。


1.ST / Shiloh
クリックすると元のサイズで表示します
ついにイーグルス鰍フ発禁が解けた。Don Henleyの在籍したShilohが韓国のビッグピンクで
リイシューされた。DonとGlennが存命中は出ないと思われただけに、何を置いても1位。
来年は同じAmosレーベルで出た、GlennのLongbranch Pennywhistleにも期待は膨らみます。


2.CSNY 1974 / Crosby,Stills,Nash & Young
クリックすると元のサイズで表示します
CSNYには「4 Way Street」と言う名作LIVEが既にあるが、この「1974」もS&Y Bandの
"Long May You Run"が収録されるなど目新しいものもあり素晴らしい。映像の曲数が
少ないが、そんな事には目をつぶる出来です。


3.Separate Oceans / Ned Doheny
クリックすると元のサイズで表示します
「Hard Candy」のデモを含む編集盤。懐かしさに惹かれ一時ヘビー・ローテーションに。


4.Alpha Mike Foxtrot Rare Tracks 1994-2014 / Wilco
クリックすると元のサイズで表示します
20年に渡るアウトテイクやLIVEを4枚のCDにまとめたもの。期間が長いだけにワタシにとって
厳しいテイクもあるが、カバーなどもありバンドの趣味嗜好も伺え興味深い発掘ものです。


5.Mystery Girl Deluxe / Roy Orbison
クリックすると元のサイズで表示します
新たにデモ・テイク等を加えたデラックス盤。買い漏らしていたのでDVDも付いており好評価。
最期のベルベット・ボイス。Traveling Wilburysの素としても重要な1枚。


6.Recorded Live On Stage In Memphis(Legacy Edition) / Elvis Presley
クリックすると元のサイズで表示します
熱狂の地元メンフィス公演の完全版に加え、ウォームアップ・ショーも収録した2枚組。
エルビスの本領はやっぱりLIVEではないでしょうか。


7.Full Time Woman The Cotillion Album / Irma Thomas
クリックすると元のサイズで表示します
国内盤の黒モノストレート・リイシューが進む中、発掘物は小休止?
そんな中でもこの1枚は未発表曲がほとんどで、発売を喜んだものでした。


8.Hall Of Fame Volume 3 / Various
クリックすると元のサイズで表示します
どこまて続くかKentのFameの大棚ざらえ。未発表曲が豊富でつい手を出してしまう。
まだまた続いて欲しいと個人的には思ってます。


9.ST / Dana Cooper
クリックすると元のサイズで表示します
新・名盤探検隊からはこの1枚。知らないSSWでしたが、結構気に入りました。
千円位で知らなかった音を聴かせてもらえるのは正直助かります。
注文も多いが、更なる発掘を来年も期待してます。


10.The Basement Tapes Complete / Bob Dylan And The Band
クリックすると元のサイズで表示します
高額商品は退場としたい所ですが、The Bandがらみでは仕方ない。
渋々購入したが不完全テイクもありなかなかの問題作。
本音では「Side Tracks」の方を評価したい位です。


リイシュー物は楽しいのですが、お値段控えめ未発表盛り沢山が理想です。
来年も宝の山に期待してます。邦楽もソロソロそういう時期に来ているのでは。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ