2009/2/20  21:10

Midnight Train To Boston Part1  旅日記

かってはオイル・サーチャージなんてものを気にせずに旅行をすることができた。
それがほんの数年前から原油の高騰を反映してエアー・チケット代金にオイル・
サーチャージが付加されるようになった。それも年々高まり昨年からはついにオイル・
サーチャージの方が上回る有様。「これってちょっとした詐欺?」なんて思うのは
私だけなのか。ということで昨年は3回旅行したが、その内2回はマイレージのタダ旅行に
今はやりのローコスト・キャリアで近距離を繫いだもの。せっかくのUAのプレミア会員も
マイル消費のみで貯蓄には今ひとつ。ただしタダ旅行の際にエコノミー・プラスという
少し間隔が広めの所を得られるメリットはあったのだが。

原油の高騰も一段落し、年末には1月発券分よりオイル・サーチャージが値下がりする
というグッド・ニュースが入ってくる。噂では次の改定である4月にはゼロになるなんて
話もある。となればLIVE好きの虫が動き始めるのはしょうがない。
早速Pollstarを叩いてみる。興味のあるミュージシャンは定期的にチェックしており、
未だLIVEに触れていない人達の動向はいつも視野に入れている。ワタシが聴くとなると
多くはAmericanaな人達が中心となるのだが。少し前迄はAlt CountryやRoots系なんて
言われてたが、いつのまにか総称されてAmericanaと言われるようになっている。
Wilco、Ryan AdamsやJayhawksの連中なんかは、いつか見てやろうと思っているのだ。
そんなRyanが1月にオージーまで来ることは知っており「日本まで来ないかな」と
思っていたが、かって来たFuji Rockでどう日本を感じたか分からないが、またまたUSAへ
リターンと悲しい仕打ち。ただ2月後半からはUSツアーをする予定になっている。
クリックすると元のサイズで表示します
日程を見ると思い出すことがあり、Emmylou HarrisのHPへ行けば「やっぱり」と
頷いてしまいました。同時期に彼女はPatty Griffin、Shawn Colvin、Buddy Millerと一緒に
昨年に続き「Three Girls and Their Buddy」としてツアーに出ることになっていた。
クリックすると元のサイズで表示します
嬉しいことに2/21.2/22とBostonでRyanと連荘になるのだ。おまけに会場は同じ
Orpheum Theatre。この日は土日だから日回り的にも申し分ない。
この段階で心は9割方傾いていた。

アメリカへの格安航空券の条件は最低3泊5日だからもう1泊はしないといけない。
土曜出発よりも平日の金曜出発の方がチケットが安くなるからくりから金曜のBostonを
まずはチェックするが、引っかかるものはない。アイス・ホッケーなんかもホームでは
無いのが寂しい。「まあ、Bostonは直行便がないから」とゲートウェイとなるべき
New YorkやWashington D.Cも含め近隣を当たってみる。
2年前の豪雪でのChicago便欠航のトラウマからか、かの地をゲーウェイとして
考えることは選択肢には入っていない。それ位なら西海岸へ飛んだほうがマシだと
思っていた。まあNew Yorkなら何かやってるし、Beacon TheatreでEmmylou達も
2/20に公演がある。「こちらを見て2/22はBostonのHouse of BluesでB.B Kingでも
見るのもいいかもしれない」なんて思ってたのですが......見つけてしまいました、
PhiladelphiaでのKathleen Edwardsを。カナダのSSWである彼女は、近年のワタシの
お気に入り。出すアルバムはいつも年間ベスト10に入るもの。
昨年出した「Asking for Flowers」も良いできだった。となれば決まりでしょ。
会場のWorld Cafe Liveはダウンタウンのメイン・ステーションである30th Street
Stationにも程近い。これは決まりだろということで、取りあえずPCを叩き
12/6にはチケットを購入。3枚で$139.55は円高で$1が90円程度ということを考えれば、
12.6千円程度。1枚単価は4.2千円と円高の旨みを感じます(笑)。
クリックすると元のサイズで表示します

年を越えエアーの選定を始める。日程は2/20in2/23outで考え、UAでのNew York inで
陸路でPhiladelphiaへ移動、Amtrakの夜行便でBostonへ移動しD.C経由で帰国する
ルートを考えたのだが、New Yorkの便が入らない。暫くはキャンセル待ちをしていた
のだが結局はダメ。ContinentalのNewark便ではPhiladelphiaへLIVEの時間に
間に合いそうもない。「しょうがないからJALのNew York便を使い、Boston-JFKは
JetBlueの格安便で繋ぐしかないか」と思い始めていたのだが、基本に戻りUAのHPを
叩けばJFKの往路はムリだが、D.C経由でPhiladelphia Airportには18:31に着く。
空港駅から30th Street Station迄は近距離鉄道で20分たらず。KathleenのLIVEは
19:30からだが、会場は駅から近いし、前座もあるから何とかなるだろう。
ということでゲートウェイは往復D.CのPhiladelphiaとBostonのオープンジョーとして
エアーを決めたのでした。料金は99,360円。オイル・サーチャージは44,000円に
下がったとはいえ、まだまだ高い。かってはこの時期なら4〜5万円で行けたのだが
しょうがない。その分円高を享受できればありがたいと思うとしよう。
まあUAになったのでプレミア権利で125%マイルが付くし、チケットや他の支払いもカードで
行っているのでこの旅行で2万マイル前後は加算されるはずである。マイラーとしての
満足度も高い(爆)。ただし既に出発までは25日程度。珍しくバタバタしてます。

夜行移動はあるものの、宿代の高いBostonで2泊しなければならず、ここはPricelineの
入札で経費を抑えたい。四つ星のHyattを狙うが何度か空振りが続き、三つ星まで
ランクを落とし結局は$55で三つ星のBulfinch Hotelが落札されたのでした。
まあDowntownの地下鉄Haymarketからも近いのでロケーションは悪くは無い。
税込みで2泊$132.41だから1泊あたり6千円てとこですか。
クリックすると元のサイズで表示します

「これでOK」と思ったのだが、何かピタットしない。順番に確認をしてみればPhiladelphia・
Boston間のAmtrakの予約を忘れてました。ここは自由席だから問題なくCoachを
$80で予約。当日駅の発券機でチケットをプリントアウトすればOKです。
これでやっと当日の朝を迎えることができるのでした。

to be continued..........
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ