2016/5/10  0:18

だんだん遠くなる......  音楽

facebookのコピペでの手抜きにて失礼致します。


また雨の中をビルボード東京まで。今晩はDiane Birchを観てきました。
会員300ポイントのロハで、最前列でかぶりついてました。
定時の21:30にバックバンドと共に黒ずくめで統一した衣装で出てくる。
彼女は帽子も被っていた。バンドはギター&サックス、キーボード、ベース、ドラムスの4人。
配信だけの3rd(会場でCD売ってました)の曲が多かったようだ。
YouTubeでは聴いていたが、重たいトーンで音響系の様な抑揚の少ない曲が多い。
ボーカルには心なしかエコーもかかっていた。大好きだった1stから殆ど演らないのが寂しい。
前作からも感じていたが、もはやPopsからBlue-Eyed Soulの感じが強い。
曲間にSadeの"Smooth Operator"を挟み込んだりもしていたが、今目指しているのは
オーガニックなソウルなのだろうか。途中、バンドが下がりソロで演奏した時は
ピアノも良く聴こえたが、概してバックが弾くフェンダー・ローズの方が心地よかった。
再びバンドが加わり、新曲と言う"Juno"からは元のトーンへ戻っていった。
アンコールでは「私のヒーロー達がどんどんと逝ってしまう」と哀しそうに言って、
ソロでPrinceの"Nothing Compares 2 U"を歌った。これが本一だった。75分。
黒モノ好きとしては今の路線も悪くはないが、Carole Kingも引き合いに出された
1stを引っさげてのクアトロ公演が忘れられない。

0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ