2016/5/25  14:19

サウンド・マン読了  

グリン・ジョンズの自叙伝「サウンド・マン」、随分と時間がかかってしまったが
やっとこ読了。稀代のエンジニアにしてプロデューサーの回想録だけに、
面白いエピソードに満ち溢れている。60年代から現代まで、プレイヤーから
裏方に移ってのロック聡明期のビッグ・ネームとの大きな関わりに驚かされる。
音楽本としては久しぶりに満喫した。友人ミュージシャンの死のエピソードが悲しい。

クリックすると元のサイズで表示します
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ