2016/6/7  21:49

キリンカップ決勝は1-2で敗戦  スポーツ

ボスニア・ヘルツェゴビナとの決勝は1-2で日本の敗戦。本田と香川を欠いた事は
言い訳にはならない。清武の先制点の後に直ぐに1点を返された所が今日のポイント。
ここは前半を1-0で終えなければ世界では勝てない。1-2にされた後も、なりふり構わず
選手を後退させたが詰めが甘かった。4人以上替えるとセルジオ越後の餌食に
なるというのに(笑)。そんなボスニアも今年のユーロには出られないのですから。
地元でこの程度のチームに勝っていかないと、アウェーでは世界に歯が立たなかろう。
来年W杯の出場が決まったら、海外遠征を協会は組んでいかないと。強化試合の意味を
あらためて考え直すべきである。まぁ、それでも久しぶりにヨーロッパのチームと
試合ができた事は悪くなかった。せっかく来日していながら、デンマークと
試合できないのももったいなかった。試合の組み方も問題ありか?
それでもブルガリア戦のダイレクト・パスの見事さとか、惹かれる動きも随所に見られた。
特に清武は2試合通じで良い働きをしていた。このままレギュラーになるのでは。
来期はリーガのセルビアに移籍が濃厚らしく、こちらでの活躍も楽しみにしてます。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ