2017/9/16  15:36

アメリカに憧れたEnglishman  音楽

まだまだ続くTowerの原価割れセール。探せば聴きたくなるものもあり、昨日数枚届く。
1stが名盤と謳われたRoger Morrisの2nd「Light Up The Road」と2nd「Beholder」が
共に562円なので迷わずカートに入れた次第。The Bandに憧れた彼は、流れて最後には
米ウッドストックに辿り着き、この2枚を世に残した。バックには再編The Bandのメンバー
Jim Weider、Randy Ciarlanteの名前もある。声と歌い回しがVan Morrisonにそっくりで
ビックリさせられる。1stから30年経ってこの辺りは変わっていったのか。
しかしMorrisとMorrison、苗字まで似すぎだ(笑)。2ndはニューオリンズ風味なものもあるが、
3rdはいささか一本調子の感も強い。それでもアメリカに憧れたEnglishmanの系譜は
ふんだんに感じられる。良い買い物をしたって感じの良作、好きです!
2001年と2004年作の輸入盤にMSIが帯と宇田さんの解説を付けた輸入国内盤仕様。
米ではCDbabyで扱っている代物です。
元はもう少し高く売っていただろうが返品分の再発なのか、帯には1,300円の文字がある。
PCを叩くもその後の動向は引っかかってこない。どこかで元気に鍵盤叩いて歌っていて欲しい。


クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ