2017/9/27  15:56

初ソロ  音楽

Rusty Youngのソロ「Waitin' For The Sun」が届く。長いキャリアの中でもソロはお初とは。
タイトルを見ると、Paul Cottonに逃げられて長らく闇の中を彷徨っていたっちゅう事か?
"My Friend"にRichie FurayとTimothy B Schmitのハイ・トーン組のコーラス、
"Honey Bee"にJim MessinaのギターとGeorge Granthamのパーカッションがクレジット
されているのが嬉しい。この元POCO組にはThanksクレジットもある。George元気なのね(喜)。
個人的には"Heaven Tonight"に最もPOCOっぽさを感じた。
ベースはお馴染みのJack Sundrudだが、キーボードがMichael Webb、ドラムスにRick Lonow。
この4人でPOCO FEAT. RUSTY YOUNGと名乗って11/11@Yoshi's,Oakland CAでのブッキングを
先日見つけたばかり。ですのでこのソロからも演るんだろう。しかしPOCO名乗るのはキツイな。

クリックすると元のサイズで表示します
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ