2017/12/28  19:58

2017年ベスト10 −DVD編−  ベスト10

年々映像物を買う機会は減っている。もはや定型のコメントになりつつありますね(笑)。
何本も出ている事は確かだがお値段高いからね。YouTubeやTVで観たりして済ませてしまう。
出しまくるストーンズ物も買わなくてもWOWOWで放送してくれたりもするしな。
輸入物で何本かは買うが10本選ぶのも大変だ。メイキングもおまけの域を出ないものが多い。
ここ数年はベテランの連中のお祝い的なコンサートのLIVEがよくリリースされる。
鬼籍に入る前にお祭りしようって感じですかね。今年もそんなのが何本か入って来てる。
1位にした歴史的検証みたいなものをもっと観たいものです。製作側にも一工夫欲必要かな。


1.American Epic
クリックすると元のサイズで表示します
1920年代後半よりアメリカ各地での音楽を機材を持ち込み録音した事を歴史的に検証している。
当時の映像や写真を用いたルーツ・ミュージックの旅は新たに知る事も多く興味はつきない。
題材を3話にまとめPBSで放送されたものをBlu-Rayの1枚目とし、当時の録音機材を用い
現代のミュージシャンにダイレクト・カッティングで音盤に記録させるセッションを
2枚目にしたためている。Jack Whiteが主導で進められるセッションの模様が素晴らしい。
こういったドキュメンタリーをもっと観たいものです。


2.Live From The Fox Oakland / Tedeschi Trucks Band
クリックすると元のサイズで表示します
現代のDelaney & Bonnieは大所帯のバンドを率い圧巻のステージを見せる。
それはブルース・ロックであり、ホーンやコーラスが鳴り響くソウル・レビューでもある。
自信に満ち溢れたSusanの歌と演奏には迷いがない。Derekのギターとの二枚看板だ。
メガネにミニのワンピース、ハイヒールとOL風のいでたちもクール!


3.Mavis Staples : I'll Take You There An All-Star Concert Celebration / Various
クリックすると元のサイズで表示します
多くのミュージシャンから慕われるMavisだけに75歳のお祝いに集まった出演者は豪華。
2014年だけにGregg AllmanとOtis Clayの顔も見られる。お馴染みのDon Wasの仕切りで
宴は続く。ちっちゃなMavisだが肝っ玉は大きいよ。今また何度目かの好調期です。
バック・ボーカルでワタシ御贔屓のMcCrary Sistersが大活躍しているのが嬉しい。
彼女達こそ現代のStaple Singersと密かに思っているのです。


4.Wembley Or Bust / Jeff Lynne's ELO
クリックすると元のサイズで表示します
昨年の6月にJeffの地元バーミンガムで観たが、その時とは少しセットも替わり
長めになってるようです。"Xanadu"とか演ってるのは驚きです。
1人ELOでも関係なし、サポートと共に素晴らしいロッケストラでポップスしてます。


5.DCX MMXVI / Dixie Chicks
クリックすると元のサイズで表示します
復活チックスの昨年のツアー・ライヴ。3人とも歳を重ねたが勢いは半端ない。
ポップ・カントリーの枠なんて関係なし。観客は女性多めで、皆一緒に歌っている。
昔、アナハイムで一度観たが、当時から音もでかいし突き抜けていた。また生で観たいね。


6.Tapestry : Live In Hyde Park / Carole King
クリックすると元のサイズで表示します
「Tapestry」の全曲に加え職業作家時代のGoffin/Kingメドレー等とエバーグリーン。
観客が一緒に歌いたくなる気持ちも良く分かる。愛娘Louiseやミュージカル・スタッフとの
共演などもアクセントになっている。バックには旧友Danny Kortchmarの姿も。


7.Live At Rockpalast / Richard Thompson Band
クリックすると元のサイズで表示します
ドイツの有名番組の映像を2本コンパイル。1983年12月と1984年1月のLIVEであり、
セットはアンコールを覗き同じだが、リズム隊が違う為に微妙に感じは異なる。
いずれにしてもRichのエレキが切れ味鋭く響き渡る様は最高です。
ソロのアコギよりもバンドでのエレキが好きなのでワタシ向きのセットです。
1枚はかって西新宿で手に入れたビデオで散々観たので、ランクは少し下がるのは仕方なし。


8.Black & White Night 30 / Roy Orbison
クリックすると元のサイズで表示します
LDで初見してから随分経つが、若干の曲が加わり、アフター・ショーの演奏も
更に追加しての30周年記念盤としてリリース。タイトルにあるように白黒なので
画像の良し悪しはそれ程気にならないが、出演者の若さに頬が緩む。
メンツ最高!Royのベルベット・ボイスに改めてうっとりします。


9.The Life & Songs Of Kris Kristofferson All-Star Concert Celebration / Various
クリックすると元のサイズで表示します
Mavis Staplesと同様のKrisのお祝い。しかしこちらはカントリー系に留まったメンツ。
ちょっと範囲が狭いのが残念です。昨年3月ナッシュビルにてのシューティング。
やはりDon Wasの仕切りで、両方に参加している人も散見します。
こちらでもMcCrary Sistersがバック・ボーカルで大活躍しているのが何よりです。


10.ラーメンな女たち - Live In Tokyo - / 矢野顕子×上原ひろみ
クリックすると元のサイズで表示します
おまけの2曲を入れないといけないのも辛いが、"飛ばしていくよ"のピアノ・プレイは
タイトル通りにぶっ飛んだ凄いモノ。フルで出しても良かったのでは。


来年は10本選べるのでしょうか?
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ